「 賃金 」 一覧

人事・労務の疑問・質問をQ&A方式で掲載しております。まさに「今」発生している目の前の人事・労務問題に、どのように対処すべきか?より「実務実践」に即した人事労務に関する情報をお伝えしてまいります。

カテゴリー検索        
     
キーワード検索  
カテゴリー検索
             
キーワード検索

時間外手当の算出方法について

2017/07/25 | カテゴリ:

弊社の倉庫現場作業において、低温倉庫内で作業した場合に、その回数、トータルの時間で1日辺り500円~1,000円の作業手当を支払っていますが、これは時間外手当の計算基礎に算入すべきでしょうか。

続きを見る

みなし残業時間を変更する場合、どのような対応が必要か?

2017/07/17 | カテゴリ:

この度、一部社員の「みなし残業時間」を45時間に変更し増やすこととなりました。 本人へは辞令を出して伝えようと考えておりますが、その形で問題ないでしょうか。   また、今後

続きを見る

短時間勤務社員の含み残業はどうすべきか?

2017/07/06 | カテゴリ:

育児休業から復帰した社員が時短勤務をすることになり、これまで1日8時間の勤務であったところ6.5時間の勤務となりました。 ただ、時間通りにあがることが難しく、毎日30分~1時間ほどの残業をしてい

続きを見る

退職月に支給される賞与の社会保険料

質問 当社では、昨年10月~今年3月までの査定期間に対する賞与が7月10日に支給されます。 月の途中で退社した場合は、その月は社会保険料はかからないため、8月に支給される7月度給与には社会保険

続きを見る

割増賃金の計算と欠勤・遅早控除について

労働局のリーフレットをみますと、1時間あたりの賃金は  月給÷1年間における1ヶ月平均所定労働時間 とあり、例えば、年間所定休日122日、1日の所定労働時間が8時間の場合 1年間の所定出勤日数(

続きを見る

介護による短縮勤務期間の賞与は減額できるか

2017/06/21 | カテゴリ:

質問 当社では介護休業規程にて、家族の介護のための措置を講じています。1日の所定労働時間を短縮することができ、開始から3年間、2回利用することができます。 この制度を利用し、所定労働時間を本来

続きを見る

  • 採用情報

    SRのマイナンバー対策 マイナンバー対応実務セット

    ベンチャー企業のためのCloud勤怠管理システム

    お役立ち書式 無料ダウンロード

    無料労務士相談

  • 総合人事コンサルティング事業

    株式会社アウトソーシングSR

    労務・給与計算サポート事業

    社会保険労務士法人 人事部サポートSR

    就活支援事業

    株式会社ベストソーシングSR

    人事・経理・法務アウトソーシング事業

    HALコンサルティング

    社会労務士マーケティング支援

    Bowman & SR Partner Co.,Ltd

    訪問看護事業

    あわーず
PAGE TOP ↑