日によって所定労働時間が異なる場合の半日有休の取り扱い

1か月単位の変形労働時間制を新しく導入しました。

これに伴い、これまで一日の所定労働時間は8時間でしたが、日によっては6~10時間の範囲で変動するようになります。(1か月間の所定労働時間の合計は変更ありません)

 

当社はこれまで半日有休の制度があり、所定労働時間の半分と考えると、半日有休の時間は勤務日によって3~5時間と違いが発生することになります。

日によって半日有休の時間が変わっても問題はないのでしょうか?また、半日有休を所定労働時間に関わらず4時間と決めてしまうことは可能でしょうか?

 

回答

半日有休を何時間とするかについては労働基準法上明確な基準は提示されていませんので、就業規則に則った運用をする必要があります。
例えば、勤務時間が9:00~18:00で休憩が12:00~13:00の場合に、午前有休は9:00~12:00まで、午後有休は13:00~18:00までという運用をしている会社もあります。
ご質問の2点については、就業規則にその定めがある場合に、どちらも可能となります。

ただし、例えば同じ所定労働時間6時間の日であっても、ある日は半日有休を3時間とし、別の日は半日有休が4時間とするような運用は、半日有休とはならず有休の時間単位付与に当たりますので、労使協定を結んだ上で年5日以内の範囲で行う必要があります。

就業規則上の定めとしてその運用が従業員にとって公平で納得のいくものであるか、という視点でルールを定めて運用するのが望ましいでしょう。
The following two tabs change content below.
SR人事メディア編集部
人事実務の専門家集団「社会保険労務士法人人事部サポートSRグループ」が運営する経営者と人事担当者向けのwebメディア。人事制度、採用、給与計算、社会保険のQ&Aや法改正など旬の人事ニュースを掲載。実務に役立つExcelツールも無料配信中!https://media.o-sr.co.jp/consulting/
SR人事メディア編集部

最新記事 by SR人事メディア編集部 (全て見る)

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
  • 採用情報

    SRのマイナンバー対策 マイナンバー対応実務セット

    ベンチャー企業のためのCloud勤怠管理システム

    介護離職防止サービス あわーず福利厚生課

    お役立ち書式 無料ダウンロード

    チャット労務士相談

  • 総合人事コンサルティング事業

    株式会社アウトソーシングSR

    労務・給与計算サポート事業

    社会保険労務士法人 人事部サポートSR

    就活支援事業

    株式会社ベストソーシングSR

    人事・経理・法務アウトソーシング事業

    HALコンサルティング

    社会労務士マーケティング支援

    Bowman & SR Partner Co.,Ltd

    訪問看護事業

    あわーず
PAGE TOP ↑