残業単価の計算に含めるべき手当は?

弊社の給与の支給項目には基本給のほか、次のものがあります。

残業手当を計算する際、その基礎となる賃金に含めるべきものは正しくはいずれかご教示頂けますと幸いです。

 

皆勤手当(賃金支払対象期間中欠勤なく出勤した場合に5,000円支給。)

役職手当(一定以上の職位の者に対して支給。)

通勤手当(毎月6ヶ月定期券金額の6等分を支給。)

住宅手当(一律20,000円支給。)

家族手当(扶養家族の人数に応じて支給。)

回答

残業単価の計算から除外してもよいものとして、次のものが法律で定められており、下記に該当するもの以外は残業単価の計算から除外することができないとされています。
(労働基準法第37条の4、労働基準法施行規則第21条)
①家族手当
②通勤手当
③別居手当
④子女教育手当
⑤住宅手当
⑥臨時に支払われた賃金(祝金や見舞金など)
⑦1箇月を超える期間ごとに支払われる賃金(賞与等)

ご質問の中にある手当の中では通勤手当・住宅手当・家族手当が該当すると一見思われますが、住宅手当については家賃3万円~5万円までは一律20,000円や、家賃の40%といったように住居に関する費用に応じて定率や定額で支給されていなければ残業単価の計算から除外することができません。ご質問のケースのように住居に関する費用に関係なく全社員に一律20,000円を支給している場合は残業単価の計算から除外することができませんのでご注意下さい。
家族手当についても同様の考え方で、扶養家族の人数に応じて支給されていることが必要ですが、ご質問のケースでは人数に応じて支給しているとのことですので残業単価の計算から除外することは可能かと存じます。
The following two tabs change content below.
SR人事メディア編集部
人事実務の専門家集団「社会保険労務士法人人事部サポートSRグループ」が運営する経営者と人事担当者向けのwebメディア。人事制度、採用、給与計算、社会保険のQ&Aや法改正など旬の人事ニュースを掲載。実務に役立つExcelツールも無料配信中!https://media.o-sr.co.jp/consulting/
SR人事メディア編集部

最新記事 by SR人事メディア編集部 (全て見る)

公開日: 不正受給・未払い 時間外手当

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
  • 採用情報

    SRのマイナンバー対策 マイナンバー対応実務セット

    ベンチャー企業のためのCloud勤怠管理システム

    介護離職防止サービス あわーず福利厚生課

    お役立ち書式 無料ダウンロード

    無料労務士相談

  • 総合人事コンサルティング事業

    株式会社アウトソーシングSR

    労務・給与計算サポート事業

    社会保険労務士法人 人事部サポートSR

    就活支援事業

    株式会社ベストソーシングSR

    人事・経理・法務アウトソーシング事業

    HALコンサルティング

    社会労務士マーケティング支援

    Bowman & SR Partner Co.,Ltd

    訪問看護事業

    あわーず
PAGE TOP ↑