健診結果の保管について

在籍者・退職者の健康診断結果を社内で5年間保存しております。
先日社内の内部監査の際に、退職者の健康診断結果は破棄するように指摘がありました。
法律上、保存義務があると思いますがどうするのがよろしいのでしょうか。

回答

事業者は労働安全衛生法第51条において健康診断の結果に基づき健康診断個人票を作成して5年間保管しておかなければなりません。
また、労働安全衛生法第66条の3において健康診断の結果を記録しておかなければなりません。
そのため退職者も在籍者同様同じ期間保管しておく必要がございます。

ただ、現行の労働安全衛生法では事業者が健康診断結果そのものを収集できるようになっているため本来必要とする情報以外(人間ドックや婦人科検診などの法定項目以外)のものまで集約してしまうなど課題もあります。
もし、御社で産業医(地域産業保健センターなど)と契約しているのであれば従業員からの結果表の回収先を産業医等に変更し、産業医等の手によって事業者が目的を遂行できる最低限の形にして伝達できればよろしいかと考えます。
The following two tabs change content below.
SR人事メディア編集部
人事実務の専門家集団「社会保険労務士法人人事部サポートSRグループ」が運営する経営者と人事担当者向けのwebメディア。人事制度、採用、給与計算、社会保険のQ&Aや法改正など旬の人事ニュースを掲載。実務に役立つExcelツールも無料配信中!https://media.o-sr.co.jp/consulting/
SR人事メディア編集部

最新記事 by SR人事メディア編集部 (全て見る)

公開日:

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
  • 採用情報

    SRのマイナンバー対策 マイナンバー対応実務セット

    ベンチャー企業のためのCloud勤怠管理システム

    介護離職防止サービス あわーず福利厚生課

    お役立ち書式 無料ダウンロード

    無料労務士相談

  • 総合人事コンサルティング事業

    株式会社アウトソーシングSR

    労務・給与計算サポート事業

    社会保険労務士法人 人事部サポートSR

    就活支援事業

    株式会社ベストソーシングSR

    人事・経理・法務アウトソーシング事業

    HALコンサルティング

    社会労務士マーケティング支援

    Bowman & SR Partner Co.,Ltd

    訪問看護事業

    あわーず
PAGE TOP ↑