法定外残業について

図0314_3

質問

弊社では、現在変形労働制を導入しておりませんが、週40時間を超えて勤務する社員もおります。

このとき、週40時間を越えた時間については、割増の対象になりますか?

回答

法定労働時間は、原則、休憩時間を除き1週間について40時間、1週間の各日については1日8時間を超えて労働させてはならないとされています。

ただし例外として、常時10人未満の労働者を使用する以下の『特例事業』は、1週間について44時間、1日については8時間まで労働させることができます。
・商業
・映画・演劇業(映画の製作の事業を除く)
・保健衛生業
・接客娯楽業

ご質問者様のお勤めになっている事業所は、変形労働制を採用されていらっしゃらない様ですが、『特例事業』に該当していれば、週40時間を超えて勤務しても割増の対象とはなりませんが、1日について8時間を超えている時には、その日について割増は発生いたします。
The following two tabs change content below.
SR人事メディア編集部
人事実務の専門家集団「社会保険労務士法人人事部サポートSRグループ」が運営する経営者と人事担当者向けのwebメディア。給与計算、社会保険に関するQ&Aや、法改正など旬の人事ニュースはもちろんのこと、企業人事に役立つマニュアル、Excelツールなども無料配信中!企業人事のお悩み相談はこちらhttps://media.o-sr.co.jp/consulting/

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
PAGE TOP ↑