面接で聞いてはいけない事柄とは?

採用担当をしています。選考官に対してマニュアルを作成したいのですが、採用面接時に聞いてはいけないことなどを教えていただきたく存じます。

 

 

 

回答

厚生労働省より採用選考の基本が公表されています。

■参考:厚生労働省「公正な採用選考を目指して」

https://kouseisaiyou.mhlw.go.jp/index.html


まず採用選考にあたっては、以下の2点を基本的な考え方として実施すべきとされています。

①応募者の基本的人権を尊重すること
②応募者の適性・能力のみを基準として行うこと


具体的には、以下の適性・能力とは関係のない事柄によって採否を決定しないことが求められています。

1、本人に責任のない事項の把握
・本籍・出生地に関すること(注1)
・家族に関すること
・住宅状況に関すること
・生活環境・家庭環境などに関すること

2、本来自由であるべき事項の把握
・宗教に関すること
・支持政党に関することの把握
・人生観・生活信条などに関すること
・尊敬する人物に関すること
・思想に関すること
・労働組合(加入状況や活動歴など)、学生運動などの社会運動に関すること
・購読新聞・雑誌・愛読書などに関すること

3、採用選考の方法
・身元調査など(注2) の実施
・本人の適性・能力に関係ない事項を含んだ応募書類の使用
・合理的・客観的に必要性が認められない採用選考時の健康診断の実施


上記事項に限られたことではありませんが、上記のような事項を行わないよう注意をしなければなりません。緊張を和らげるためとしても、家族の質問をしたり、愛読書をヒアリングすることは上記事項に繋がります。採用基準としないつもりであっても、把握することで結果として採否決定に影響を与えることになるため、把握すること自体を避けた方がよいでしょう。


■就職差別につながるおそれのある不適切な質問例

①本籍に関する質問
・親御さんの出身地はどこですか。
・生まれてから、ずっと現住所に住んでいるのですか。

②住居とその環境に関する質問
・○○町の△△はどのあたりですか。
・あなたの住んでいる地域は、どんな環境ですか。

③家族構成や家族の職業・地位・収入に関する質問
・あなたのお父さんは、どこの会社に勤めていますか。また役職は何ですか。
・あなたの家庭はどんな雰囲気ですか。

④資産に関する質問
・あなたの住んでいる家は一戸建てですか。

⑤思想・信条、宗教、尊敬する人物、支持政党に関する質問
・あなたの信条としている言葉は何ですか。
・尊敬する人物を言ってください。

⑥男女雇用機会均等法に抵触する質問
・結婚、出産しても働き続けられますか。
・結婚の予定はありますか。

近年マイノリティと言われる方々に対しての公正な対応が厳格に求められる風潮があります。
また、世間の意識も若い世代を筆頭に高まっています。
面接での対応は企業の口コミサイト等で拡散される可能性もあるため、
どのような質問をすることが不適切となるのか、社内で共有しておくことが重要です。
The following two tabs change content below.
人事実務の専門家集団「社会保険労務士法人人事部サポートSRグループ」のwebメディア。人事制度、採用、労務、HRtech、法改正など旬の人事ニュースを掲載。実務に役立つExcelツールも無料配信中!

最新記事 by SR人事メディア編集部 (全て見る)

公開日: 募集・採用 採用・雇用

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
  • 採用情報

    お役立ち書式 無料ダウンロード

    用語説明

    チャット労務士相談

  • 人事コンサル&社労士事務所

    株式会社 HALZ / 社会保険労務士法人 HALZ
PAGE TOP ↑