36協定特別条項と振休・代休の関係について

新しい36協定の特別条項においては1か月の時間外労働時間および休日労働時間の合計時間は上限100時間未満となっています。

 

この制限に記載のある休日出勤時間は、期間中に振休や代休を取ることで相殺することはできるでしょうか。

回答

まず、休日労働については、代休と振休で取り扱いが変わります。

代休の場合、代休を取ったとしても該当する勤務が休日労働である事実は変わりません。
一方、振替休日の場合、休日と労働日の交換という位置づけになるため、該当する休日の勤務は、通常の勤務日と同様に取り扱われます。
ただし、振替休日の成立要件として事前に期日を指定している必要があります。事後的であった場合は振替休日ではなく代休として扱われるため、休日労働時間に含みます。
The following two tabs change content below.
SR人事メディア編集部
人事実務の専門家集団「社会保険労務士法人人事部サポートSRグループ」が運営する経営者と人事担当者向けのwebメディア。人事制度、採用、給与計算、社会保険のQ&Aや法改正など旬の人事ニュースを掲載。実務に役立つExcelツールも無料配信中!https://media.o-sr.co.jp/consulting/
SR人事メディア編集部

最新記事 by SR人事メディア編集部 (全て見る)

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
  • 採用情報

    SRのマイナンバー対策 マイナンバー対応実務セット

    ベンチャー企業のためのCloud勤怠管理システム

    介護離職防止サービス あわーず福利厚生課

    お役立ち書式 無料ダウンロード

    無料労務士相談

  • 総合人事コンサルティング事業

    株式会社アウトソーシングSR

    労務・給与計算サポート事業

    社会保険労務士法人 人事部サポートSR

    就活支援事業

    株式会社ベストソーシングSR

    人事・経理・法務アウトソーシング事業

    HALコンサルティング

    社会労務士マーケティング支援

    Bowman & SR Partner Co.,Ltd

    訪問看護事業

    あわーず
PAGE TOP ↑