出向者についても同一労働同一賃金は求められるのか

働き方改革関連法案が成立し、パートタイム・有期雇用労働法の施行に伴い同一労働に対して同一の賃金を支払うことが必要となりました。当社は大企業に区分されるため2020年4月からの対応が求められ、見直しを検討しています。

正規雇用労働者と非正規雇用労働者の不合理な待遇差の是正が求められると思いますが、弊社の場合、同じ現場で親会社からの出向者と当社社員が同じ業務内容を行っており、出向者は出向元の親会社の賃金体系に基づき賃金を支給していますが、当社社員は当社基準で支給しているため、賃金格差が生じています。この場合、是正が必要でしょうか。

回答

同一労働同一賃金という観点でいえば法違反とはなりません。
同一労働同一賃金の導入は、同一企業・団体におけるいわゆる正規雇用労働者(無期雇用フルタイム労働者) と非正規雇用労働者(有期雇用労働者、パートタイム労働者、派遣労働者)の間の不合理な待遇差の解消を目指すものです。ご質問いただいている内容は、「同一企業ではない社員間」の「正規雇用労働者」についての賃金格差であり、正規雇用労働者と非正規雇用労働者の間の賃金格差ではないため、法改正による見直し対象とはなりません。
一方で、親会社からの出向者と貴社社員の賃金格差が社員のモチベーション低下や離職理由などに繋がっている場合は、賃金格差の見直しを検討することが望ましいでしょう。親会社と貴社の事業戦略・人材戦略等の違い等を勘案し、さらに社員のモチベーションも考慮したうえで、賃金水準の改定を含めた人事制度の見直しをご検討されてはいかがでしょうか。
The following two tabs change content below.
SR人事メディア編集部
人事実務の専門家集団「社会保険労務士法人人事部サポートSRグループ」が運営する経営者と人事担当者向けのwebメディア。人事制度、採用、給与計算、社会保険のQ&Aや法改正など旬の人事ニュースを掲載。実務に役立つExcelツールも無料配信中!https://media.o-sr.co.jp/consulting/
SR人事メディア編集部

最新記事 by SR人事メディア編集部 (全て見る)

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
  • 採用情報

    SRのマイナンバー対策 マイナンバー対応実務セット

    ベンチャー企業のためのCloud勤怠管理システム

    介護離職防止サービス あわーず福利厚生課

    お役立ち書式 無料ダウンロード

    無料労務士相談

  • 総合人事コンサルティング事業

    株式会社アウトソーシングSR

    労務・給与計算サポート事業

    社会保険労務士法人 人事部サポートSR

    就活支援事業

    株式会社ベストソーシングSR

    人事・経理・法務アウトソーシング事業

    HALコンサルティング

    社会労務士マーケティング支援

    Bowman & SR Partner Co.,Ltd

    訪問看護事業

    あわーず
PAGE TOP ↑