傷病手当金受給者が従前より軽微な業務に就いた場合の支給継続は?

手術を伴う私傷病で数ヶ月休んだ社員がおりますが、その間傷病手当金を受給しておりました。

まだ従前の業務に就くまで体調は回復しておりませんが、軽微な仕事ならできるということで面談を行い、しばらく事務部署に配属替えをして1日6時間程度出勤してはどうかという話になりました。

この場合、今まで受けていた傷病手当金の支給はどうなりますでしょうか。

回答

傷病手当金は「療養のため労務に服することができないとき」に支給されます。
その「労務に服することができないとき」についての解釈運用が平成15年に通達(保保発第225007号)で示されています。

それによると、「被保険者がその本来の職場における労務に就くことが不可能な場合であっても、現に配置転換、その他の措置により就労可能な程度の他の比較的軽微な労務に服し、これによって相当額の報酬を得ているような場合は労務不能に該当しないものである。ただし本来の職場における労務に対する代替的性格を持たない内職等の労務に従事したりするような場合には、通常なお労務不能に該当するものであるので、被保険者がその提供する労務に対する報酬を得ている場合に、そのことを理由に直ちに労務不能ではないと認定せず、労務内容と報酬等を十分に検討の上判断すること」と示しています。

今回の場合には、配置転換により以前より軽微な仕事に就き、相当額の報酬を得るとのことですので、労務不能には該当せず、傷病手当金の受給要件は満たさなくなると考えられます。
したがって傷病手当金の支給はされなくなります。
The following two tabs change content below.
SR人事メディア編集部
人事実務の専門家集団「社会保険労務士法人人事部サポートSRグループ」が運営する経営者と人事担当者向けのwebメディア。人事制度、採用、給与計算、社会保険のQ&Aや法改正など旬の人事ニュースを掲載。実務に役立つExcelツールも無料配信中!https://media.o-sr.co.jp/consulting/
SR人事メディア編集部

最新記事 by SR人事メディア編集部 (全て見る)

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
  • 採用情報

    SRのマイナンバー対策 マイナンバー対応実務セット

    ベンチャー企業のためのCloud勤怠管理システム

    介護離職防止サービス あわーず福利厚生課

    お役立ち書式 無料ダウンロード

    無料労務士相談

  • 総合人事コンサルティング事業

    株式会社アウトソーシングSR

    労務・給与計算サポート事業

    社会保険労務士法人 人事部サポートSR

    就活支援事業

    株式会社ベストソーシングSR

    人事・経理・法務アウトソーシング事業

    HALコンサルティング

    社会労務士マーケティング支援

    Bowman & SR Partner Co.,Ltd

    訪問看護事業

    あわーず
PAGE TOP ↑