パート社員が定年を越えたときの雇用延長は義務か?

当社では、就業規則にてパート社員の定年を60歳で定めております。

60歳を越えても本人から勤務続行の申し出があったとしたら、雇用延長をしなければならないのでしょうか?

法的な根拠等あれば教えていただきたいと思います。

回答

高年齢者雇用安定法では、65歳未満の定年の定めをしている場合、その雇用する高齢者の
65歳までの安定した雇用を確保するため、次のいずれかの措置を講ずることが義務付け
られています。
①定年の年齢の引き上げ
②継続雇用制度の導入
③定年の定めの廃止

また、厚生労働省高年齢者雇用安定法Q&Aでは、この雇用確保措置は主として期間の定め
のない労働者を対象としており、有期労働契約のように、本来年齢とは関係なく、一定の期間
の経過により契約終了となるものは、別の問題であると記載されています。

今回ご質問にあるパート社員が無期雇用、あるいは無期転換後であるならば、65歳までの
雇用継続措置が必要となります。

ただし、有期契約であったとしても、パート就業規則に定年制があれば長期雇用を前提と
していると解釈され、契約更新を繰り返し60歳の定年に到達した場合、実質は期間の定めの
ない雇用とみなされる可能性が高くなります。その場合には、65歳までの継続雇用が必要と
なります。
The following two tabs change content below.
SR人事メディア編集部
人事実務の専門家集団「社会保険労務士法人人事部サポートSRグループ」が運営する経営者と人事担当者向けのwebメディア。人事制度、採用、給与計算、社会保険のQ&Aや法改正など旬の人事ニュースを掲載。実務に役立つExcelツールも無料配信中!https://media.o-sr.co.jp/consulting/
SR人事メディア編集部

最新記事 by SR人事メディア編集部 (全て見る)

公開日: 採用・雇用 高齢者雇用・定年

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
  • 採用情報

    SRのマイナンバー対策 マイナンバー対応実務セット

    ベンチャー企業のためのCloud勤怠管理システム

    介護離職防止サービス あわーず福利厚生課

    お役立ち書式 無料ダウンロード

    無料労務士相談

  • 総合人事コンサルティング事業

    株式会社アウトソーシングSR

    労務・給与計算サポート事業

    社会保険労務士法人 人事部サポートSR

    就活支援事業

    株式会社ベストソーシングSR

    人事・経理・法務アウトソーシング事業

    HALコンサルティング

    社会労務士マーケティング支援

    Bowman & SR Partner Co.,Ltd

    訪問看護事業

    あわーず
PAGE TOP ↑