本来支給されるはずの手当は遡って支給すべきか?

当社では規定している条件を満たす場合、本人の申請に基づいて住宅手当の支給を行っております。

今回、入社時に本人に十分な案内がされておらず、申請があれば支給するはずであった手当が数年支給されていなかったということが発覚しました。

このとき、会社として支給されるはずだった時期に遡って金額を算出し、支給を行うべきでしょうか。

回答

ご質問の件ですが、給与・手当等の賃金請求権に関する消滅時効は、労働基準法115条に退職手当を除き2年、退職手当は5年と定められています。

時効の起算日につきましては、労基法に定めが無い為民法上の規定に従いまして「権利を行使できる時から進行」しますので、賃金の場合ですと月給制の場合には各月の賃金支払日の翌日より起算ということになります。従いまして、会社は2年分の住宅手当につきましては支給する義務がございます。

但し、この2年というのは法律上最低限の義務になりますので、今回の住居手当の申請書を渡していなかったために申請ができず、本来支給されるはずの住居手当が支給されていなかったようなあきらかな会社側のミスについては、2年を超える期間につきましても支給する等の配慮をすることが望ましいと存じます。
The following two tabs change content below.
SR人事メディア編集部
人事実務の専門家集団「社会保険労務士法人人事部サポートSRグループ」が運営する経営者と人事担当者向けのwebメディア。給与計算、社会保険に関するQ&Aや、法改正など旬の人事ニュースはもちろんのこと、企業人事に役立つマニュアル、Excelツールなども無料配信中!企業人事のお悩み相談はこちらhttps://media.o-sr.co.jp/consulting/
SR人事メディア編集部

最新記事 by SR人事メディア編集部 (全て見る)

公開日: 手当(時間外手当除く) 賃金

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
  • 採用情報

    SRのマイナンバー対策 マイナンバー対応実務セット

    ベンチャー企業のためのCloud勤怠管理システム

    お役立ち書式 無料ダウンロード

    無料労務士相談

  • 総合人事コンサルティング事業

    株式会社アウトソーシングSR

    労務・給与計算サポート事業

    社会保険労務士法人 人事部サポートSR

    就活支援事業

    株式会社ベストソーシングSR

    人事・経理・法務アウトソーシング事業

    HALコンサルティング

    社会労務士マーケティング支援

    Bowman & SR Partner Co.,Ltd

    訪問看護事業

    あわーず
PAGE TOP ↑