日本に縁故がない場合の就労ビザ申請時の身元保証人について

この度、はじめて海外大卒外国人を正社員として採用することになりました。

日本での就労ビザ申請手続きの際、身元保証人は一般的にどなたがなるケースが多いのでしょうか。

その海外大卒外国人は、日本に個人的な縁故がなく、誰が適切か考えあぐねています。

回答

お答えします。

一般的には親族や親戚が身元保証人となるケースが多いため、母国の親族になってもらうのが良いかと存じます。また、身元保証人を確保できない場合は「身元保証人不在理由書」を提出することが可能です。しかし、認可される可能性は低いため、会社で保証人を立てる若しくは、保証人代行サービスを活用することもご検討されてはいかがでしょうか。

そもそも、就労ビザにあたる就労を目的とした在留資格(技術、人文知識・国際業務、技能、投資・経営等)については、身元保証人を求められることはありません。つまり、法的義務はありませんので、当人の状況を鑑みて決められるのが良いかと存じます。
The following two tabs change content below.
SR人事メディア編集部
人事実務の専門家集団「社会保険労務士法人人事部サポートSRグループ」が運営する経営者と人事担当者向けのwebメディア。給与計算、社会保険に関するQ&Aや、法改正など旬の人事ニュースはもちろんのこと、企業人事に役立つマニュアル、Excelツールなども無料配信中!企業人事のお悩み相談はこちらhttps://media.o-sr.co.jp/consulting/
SR人事メディア編集部

最新記事 by SR人事メディア編集部 (全て見る)

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
  • 採用情報

    SRのマイナンバー対策 マイナンバー対応実務セット

    ベンチャー企業のためのCloud勤怠管理システム

    お役立ち書式 無料ダウンロード

    無料労務士相談

  • 総合人事コンサルティング事業

    株式会社アウトソーシングSR

    労務・給与計算サポート事業

    社会保険労務士法人 人事部サポートSR

    就活支援事業

    株式会社ベストソーシングSR

    人事・経理・法務アウトソーシング事業

    HALコンサルティング

    社会労務士マーケティング支援

    Bowman & SR Partner Co.,Ltd

    訪問看護事業

    あわーず
PAGE TOP ↑