他の企業とオフィスを共有する場合、「1事業所」とみなすのか

当社は親会社が100%出資している、社員40名の会社です。

この度、同様の資本関係のグループ会社の社員が当社のオフィスで業務を行うこととなりました。

 

今まで、社員が50名未満の会社のため、安全・衛生管理者、産業医は選任しておりませんでしたが、今回のことで、別会社であっても社員数を合わせると事業場が50名以上となってしまいます。

このような場合、安全・衛生管理者、産業医の選任はすべきなのでしょうか。

回答

一般的には、同一の場所にあっても就業規則や36協定等を分けた別法人であるならば、同じホールディングの企業だとしても同一の事業場とはせず、安全・衛生管理者、産業医の設置の必要はございません。

しかし、最終的には所轄の労働基準監督署の判断となります。
ご質問の文面上では早急に届け出る必要はございませんが、実態を踏まえての監督署の調査等の際、一つの事業場と判断される可能性があることもご留意いただくとともに、万が一そのようなことが想定される場合は直接所轄の監督署にご相談されてはいかがでしょうか。
The following two tabs change content below.
SR人事メディア編集部
人事実務の専門家集団「社会保険労務士法人人事部サポートSRグループ」が運営する経営者と人事担当者向けのwebメディア。給与計算、社会保険に関するQ&Aや、法改正など旬の人事ニュースはもちろんのこと、企業人事に役立つマニュアル、Excelツールなども無料配信中!企業人事のお悩み相談はこちらhttps://media.o-sr.co.jp/consulting/
SR人事メディア編集部

最新記事 by SR人事メディア編集部 (全て見る)

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
  • 採用情報

    SRのマイナンバー対策 マイナンバー対応実務セット

    ベンチャー企業のためのCloud勤怠管理システム

    お役立ち書式 無料ダウンロード

    無料労務士相談

  • 総合人事コンサルティング事業

    株式会社アウトソーシングSR

    労務・給与計算サポート事業

    社会保険労務士法人 人事部サポートSR

    就活支援事業

    株式会社ベストソーシングSR

    人事・経理・法務アウトソーシング事業

    HALコンサルティング

    社会労務士マーケティング支援

    Bowman & SR Partner Co.,Ltd

    訪問看護事業

    あわーず
PAGE TOP ↑