アルバイト職員の法定休日について

いつもお世話になっております。 人事を担当しているものです。 弊社の屋内清掃を担当しているアルバイト職員で1日3時間勤務の者から、月に2,3日程度の休みだけでよいので週7日働きたいという申し出がありました。しかし、アルバイトの法定休日は週に1日又は4週に4日与えなければならない義務があると思いますが、これは勤務時間の短いアルバイトにも適応するべきなのか教えてください。

The following two tabs change content below.
Nobi

Nobi

初めまして、長田と申します。 難しい言葉を使わず、なるべくわかりやすい言葉で記事を書いていきたいと思います。皆様の会社が明るくなるよう私にお手伝いをさせてください。よろしくお願いします。

回答

アルバイトの職員も正規雇用の社員と同様に法定休日は週に1日又は4週に4日与えなければならず、
従業員の方が希望している月間休日数では労働基準法違反になります。

しかし、36協定を締結し、法定休日に出勤した場合は、35%以上の割り増し賃金を支払うことで、
従業員の希望通りの勤務を行って頂くことができます。

上記の方法で違反にはなりませんが、割り増し賃金を払わなければならない等会社の負担が大きく
なります。
まずは面談を行っていただき、希望理由をお伺いし、会社として認められるものであれば、月2、3日
の休日での勤務を認めて頂ければと思います。

公開日: パート・派遣

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
  • 採用情報

    SRのマイナンバー対策 マイナンバー対応実務セット

    ベンチャー企業のためのCloud勤怠管理システム

    お役立ち書式 無料ダウンロード

    無料労務士相談

  • 総合人事コンサルティング事業

    株式会社アウトソーシングSR

    労務・給与計算サポート事業

    社会保険労務士法人 人事部サポートSR

    就活支援事業

    株式会社ベストソーシングSR

    人事・経理・法務アウトソーシング事業

    HALコンサルティング

    社会労務士マーケティング支援

    Bowman & SR Partner Co.,Ltd

    訪問看護事業

    あわーず
PAGE TOP ↑