代休日に出勤した場合の賃金について

当社では、深夜に現場作業をした場合、その翌日は作業時間にかかわらず代休としております。

今回、ある従業員が水曜の深夜に4時間作業しました。翌日の木曜は代休となるはずでしたが、お客様の都合により、15時から17時まで勤務することになりました。
この場合15時から17時は休日出勤扱いとして割増賃金を支払う必要があるのでしょうか?

回答

ご相談のケースの代休日は、労働基準法上の所定休日とは別に会社が設定した休日だと考えられます。
そのため、法定休日出勤には該当せず、1.35倍以上の割増賃金を払う必要はありません。

ただし、法定休日でない所定休日に休日労働をさせた場合であっても、
休日労働日の労働時間を含めて当該週の総労働時間数が法定労働時間数(40時間)を超えた場合、その超えた労働時間については2割5分以上の割増賃金を支払わなくてはなりません。
ですので、もしその木曜日の15時から17時の2時間の勤務によって、その週の法定労働時間数を越えているかどうかの確認は必要となります。
The following two tabs change content below.
SR人事メディア編集部
人事実務の専門家集団「社会保険労務士法人人事部サポートSRグループ」が運営する経営者と人事担当者向けのwebメディア。給与計算、社会保険に関するQ&Aや、法改正など旬の人事ニュースはもちろんのこと、企業人事に役立つマニュアル、Excelツールなども無料配信中!企業人事のお悩み相談はこちらhttps://media.o-sr.co.jp/consulting/
SR人事メディア編集部

最新記事 by SR人事メディア編集部 (全て見る)

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
  • 採用情報

    SRのマイナンバー対策 マイナンバー対応実務セット

    ベンチャー企業のためのCloud勤怠管理システム

    お役立ち書式 無料ダウンロード

    無料労務士相談

  • 総合人事コンサルティング事業

    株式会社アウトソーシングSR

    労務・給与計算サポート事業

    社会保険労務士法人 人事部サポートSR

    就活支援事業

    株式会社ベストソーシングSR

    人事・経理・法務アウトソーシング事業

    HALコンサルティング

    社会労務士マーケティング支援

    Bowman & SR Partner Co.,Ltd

    訪問看護事業

    あわーず
PAGE TOP ↑