退職する従業員の保険証について

月末付で退職する従業員がいます。退職の際に保険証を返却してもらう必要があると思うのですが、明確にいつまでにという規定はあるのでしょうか。
また、次の職場や国民健康保険加入の如何も決まっていない急な退職の場合も回収するべきなのでしょうか。保険証を持たない期間に病院にかかるようなことがあっては、と該当従業員から疑問の声があがっています。

The following two tabs change content below.
SR人事メディア編集部
人事実務の専門家集団「社会保険労務士法人人事部サポートSRグループ」が運営する経営者と人事担当者向けのwebメディア。給与計算、社会保険に関するQ&Aや、法改正など旬の人事ニュースはもちろんのこと、企業人事に役立つマニュアル、Excelツールなども無料配信中!企業人事のお悩み相談はこちらhttps://media.o-sr.co.jp/consulting/

回答

退職による健康保険の資格喪失日は退職した日の翌日なので、月末に退職されるのであれば翌1日に資格を喪失します。つまり、1日から健康保険証は失効してしまいます。
健康保険証が失効した状態で病院受診の際に使用してしまうと、後日保険者からかつての被保険者(退職した従業員)へ直接、治療費の7割分(治療費から自己負担分を除いた金額)の返還請求が行われます。

また、退職の際会社としては資格喪失届の提出を資格喪失日から5日以内に行う必要がありますが、通常届出の提出と同時に被保険者、被扶養者全員の保険証を合わせて提出しなければなりません。資格喪失が遅れてしまうと本人が次の医療保険に加入できない、会社としては社会保険料が余分に請求される等トラブルになりかねないため、退職日に返却していただくのが一般的です。

退職後に加入できる医療保険制度として以下3つが挙げられます。
① 任意継続被保険者になる
② 配偶者等が被保険者として加入している健康保険の被扶養者になる
③ 国民健康保険に入る

ただし、次の医療保険加入時に資格喪失証明書の作成を求められることもありますので、速やかに退職処理を行うためにも保険証の回収は遅滞なく行い、退職前に退職後の医療保険について話し合いの場を設ける等フォローを行うことで本人としても前職の会社としてもスムーズに手続きが行えるかと存じます。

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
  • 採用情報

    SRのマイナンバー対策 マイナンバー対応実務セット

    ベンチャー企業のためのCloud勤怠管理システム

    お役立ち書式 無料ダウンロード

    無料労務士相談

  • 総合人事コンサルティング事業

    株式会社アウトソーシングSR

    労務・給与計算サポート事業

    社会保険労務士法人 人事部サポートSR

    就活支援事業

    株式会社ベストソーシングSR

    人事・経理・法務アウトソーシング事業

    HALコンサルティング

    社会労務士マーケティング支援

    Bowman & SR Partner Co.,Ltd

    訪問看護事業

    あわーず
PAGE TOP ↑