気象災害による遅刻の扱いをどうするか?

降雪や台風などにより交通機関が乱れ、遅刻者が続出した場合の対応について教えてください。

 

遅刻した時間分の賃金については控除ということで問題ないでしょうか。

また、就業規則には気象災害が起きた際の扱いについては記載がなかったため、記載したいと考えていますがどのように記載すべきなのか教えてください。

回答

労働基準法の原則は「ノーワーク ノーペイ」なので、遅刻した時間分の賃金控除は問題ありません。

敢えて就業規則に明示するならば、「早退、遅刻、勤務途中の私用外出は実労働時間から控除する」、「割増賃金は実労働時間が8時間を超えてから支払う」 などの規定さらに賃金規程に(遅刻・早退控除の対象となる給与額÷月平均所定労働時間)×遅刻・早退時間という計算式を明示する方法があります。
就業規則は会社のルールブックなので、会社の運用に即したものを工夫して作成してください。

もうひとつの論点として、個人にとって不可抗力である降雪・台風などの気象災害による遅刻に対して遅刻扱い・賃金控除は酷なのではないかという点があります。
確かに「遅延証明書」を提出することで、遅刻扱いとはしないとする会社もありますが、こちらも会社の規模や地域性などを鑑みたうえで会社が判断してください。
しかし不可抗力の遅刻を「懲戒」とすることは運用上馴染まないと考えます。
The following two tabs change content below.
SR人事メディア編集部
人事実務の専門家集団「社会保険労務士法人人事部サポートSRグループ」が運営する経営者と人事担当者向けのwebメディア。給与計算、社会保険に関するQ&Aや、法改正など旬の人事ニュースはもちろんのこと、企業人事に役立つマニュアル、Excelツールなども無料配信中!企業人事のお悩み相談はこちらhttps://media.o-sr.co.jp/consulting/
SR人事メディア編集部

最新記事 by SR人事メディア編集部 (全て見る)

公開日: 労務管理 勤怠・休憩時間

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
  • 採用情報

    SRのマイナンバー対策 マイナンバー対応実務セット

    ベンチャー企業のためのCloud勤怠管理システム

    お役立ち書式 無料ダウンロード

    無料労務士相談

  • 総合人事コンサルティング事業

    株式会社アウトソーシングSR

    労務・給与計算サポート事業

    社会保険労務士法人 人事部サポートSR

    就活支援事業

    株式会社ベストソーシングSR

    人事・経理・法務アウトソーシング事業

    HALコンサルティング

    社会労務士マーケティング支援

    Bowman & SR Partner Co.,Ltd

    訪問看護事業

    あわーず
PAGE TOP ↑