休職復帰時の職場が決まらない場合の給与支給について

いつも的確な助言をいただき、お世話になりありがとうございます。このたびもどうぞよろしくお願いいたします。

 

A部門で人間関係がうまくいかず、「適応障害に伴う抑うつ状態」で4か月休職された
契約社員の方が産業医面談を経て復帰されることになりました。

 

元の部門には戻りたくないという本人の意向も踏まえて、現在欠員があるB部門を提示
しましたが、経験のない仕事なのでその部門に復帰したくないと承諾されませんでした。
2週間、会社で復帰部門を探しましたが適切な場所がみつかりませんでしたので
2週間後、元の職場「A」を提示しましたがその部門は復帰したくないと承諾されませんでした。

 

その後社内で人は足りているが、増員の配慮を行い「C」部門を提示しようとしております。
復帰面談は本人と会社双方の都合のいい日程を調整しこれから行うことになっています。
本人の体調面を産業医が判断し、復帰可能と言われてから1ヶ月が経過しております。
次回の復帰面談で復帰を承諾されたら、復帰可能診断から復帰までに最大1ヶ月半の空白期間が発生します。

 

この1ヶ月半の給与支給はどのように考えるべきでしょうか?

 

会社は休職中の社員に給与を支払う制度はありません。復帰にあたり、職場は提示し続けておりますので休業補償するものでもないと考えておりますが、ご指導いただけるとありがたいです。どうぞよろしくお願いいたします。

回答

結論から言いますと復帰可能診断から復帰までの1ヶ月半の給与支給に関しては、会社は給与支払う義務まではございません。

会社側が復帰の職場を提示し続けることにも拘わらず、提示した部署への復帰に難色を示してあり、就労の実態がなく、休職延長として見なし、賃金支給は不要として取扱うのが妥当だと考えます。

また、各種休業補償の受給要件は、傷病のため仕事ができず収入が減少したことが前提です。本社員の場合は、産業医面談を経て復帰できる状況にありながら、会社が提示した部署への復帰を拒否している状況なので、受給できないと思われます。

最後に、次回提示する復帰部署をまた拒まれるようでしたら、たとえ本人に働く意思があったとしても会社の指示に従わない違反として問われることになりますので、その点を踏まえ本人との話し合いを行い、早めに復帰か退職かを決定することが必要です。
The following two tabs change content below.
SR人事メディア編集部
人事実務の専門家集団「社会保険労務士法人人事部サポートSRグループ」が運営する経営者と人事担当者向けのwebメディア。給与計算、社会保険に関するQ&Aや、法改正など旬の人事ニュースはもちろんのこと、企業人事に役立つマニュアル、Excelツールなども無料配信中!企業人事のお悩み相談はこちらhttps://media.o-sr.co.jp/consulting/
SR人事メディア編集部

最新記事 by SR人事メディア編集部 (全て見る)

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
  • 採用情報

    SRのマイナンバー対策 マイナンバー対応実務セット

    ベンチャー企業のためのCloud勤怠管理システム

    お役立ち書式 無料ダウンロード

    無料労務士相談

  • 総合人事コンサルティング事業

    株式会社アウトソーシングSR

    労務・給与計算サポート事業

    社会保険労務士法人 人事部サポートSR

    就活支援事業

    株式会社ベストソーシングSR

    人事・経理・法務アウトソーシング事業

    HALコンサルティング

    社会労務士マーケティング支援

    Bowman & SR Partner Co.,Ltd

    訪問看護事業

    あわーず
PAGE TOP ↑