アルバイト社員の社会保険加入要件について

質問

1日8時間で週4日、週32時間勤務で雇用契約を結んでいるアルバイト社員がおりますが、ここ数ヶ月、週30時間を超えない状態が多くなっています。現在出ているシフト希望を見ても、今後週30時間の勤務を超えないことが想定されます。

契約当初の条件から社会保険には加入しており、本人の希望からも継続して加入しておきたいようですが、今後加入要件を満たさなくなることが考えられます。

このような場合、いつから社会保険は資格喪失となるのでしょうか?

回答

当初「週30時間以上の勤務可能」という条件で契約を交わされていたところ、その雇用契約と勤務状況に乖離ができているという状態かと思います。
社会保険は雇用契約の状況が判断基準となりますので、契約内容の変更が行われない限り社会保険もそのまま加入となります。
そのため「社会保険の喪失時期」というよりも、雇用契約の見直しを行うか、行うのであればいつにするかという観点で話を進め、その結果によって社会保険の喪失・継続を判断することとなります。

進め方としては、ある程度時期を決めて勤務状況を確認し、その内容を踏まえご本人と面談の上決定するというのが妥当ではないかと存じます。
その上で、長期的に勤務時間を減らしてほしいという事であれば、本来の契約内容とは相違しているわけですから、改めて勤務に応じた契約の取り交わしが必要になります。この契約内容によって、社会保険の加入となるか否かが決まります。

社会保険に加入するためには、当初の契約通りの勤務をしていただくのが大前提ですので、継続して30時間を大幅に下回る時間での勤務を希望しているのであれば、契約を見直し、社会保険は喪失となってしまう旨、今後の契約締結時にも予めご案内いただくのがよろしいかと存じます。
The following two tabs change content below.
SR人事メディア編集部
人事実務の専門家集団「社会保険労務士法人人事部サポートSRグループ」が運営する経営者と人事担当者向けのwebメディア。給与計算、社会保険に関するQ&Aや、法改正など旬の人事ニュースはもちろんのこと、企業人事に役立つマニュアル、Excelツールなども無料配信中!企業人事のお悩み相談はこちらhttps://media.o-sr.co.jp/consulting/
SR人事メディア編集部

最新記事 by SR人事メディア編集部 (全て見る)

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
  • 採用情報

    SRのマイナンバー対策 マイナンバー対応実務セット

    ベンチャー企業のためのCloud勤怠管理システム

    お役立ち書式 無料ダウンロード

    無料労務士相談

  • 総合人事コンサルティング事業

    株式会社アウトソーシングSR

    労務・給与計算サポート事業

    社会保険労務士法人 人事部サポートSR

    就活支援事業

    株式会社ベストソーシングSR

    人事・経理・法務アウトソーシング事業

    HALコンサルティング

    社会労務士マーケティング支援

    Bowman & SR Partner Co.,Ltd

    訪問看護事業

    あわーず
PAGE TOP ↑