誕生日を迎えてからの退職、給付はどうなる?

65歳の誕生日目前で退職を考えている社員がいます。

離職後にもらえる失業給付に何か違いがあったように記憶しているのですが、雇用保険64歳11か月での退職と、65歳を迎えてからの退職ではどのような違いがありますでしょうか。

回答

雇用保険より受給できる基本手当日額は離職時の年齢で異なっており、65歳未満の離職者に対しては、離職の日における年齢、雇用保険の被保険者であった期間及び離職の理由などによって決定され、90日~150日の間でそれぞれ決められます。
(※特定受給資格者、特定理由離職者、就職困難者を除く)
これに対して、65歳以上の離職者には基本手当は支給されません。代わりに被保険者であった期間に応じ基本手当日額の30日分又は50日分に相当する高年齢求職者給付が支給されます。

仮に離職時における雇用保険の加入期間が20年以上とすると、64歳11か月で退職された場合は150日分、65歳で退職された場合は50日分の基本手当日額が受給できることになります。

単純に受給できる基本手当日額の日数だけを比較すると、受給できる最大の金額にかなりの差がありますが、定年退職をした場合と定年退職ではなく自己都合により早めに退職をした場合では、基本手当につき支給制限がかかる事に加え、通常退職金が大きく異なると思います。
また、65歳未満で退職をした場合は28日毎の失業認定日にハローワークに出向き、規定回数の求職活動実績を行わなければ支給されませんが、高年齢求職者給付は1回だけ失業認定を受ければ済むので手間も違います。
The following two tabs change content below.
SR人事メディア編集部
人事実務の専門家集団「社会保険労務士法人人事部サポートSRグループ」が運営する経営者と人事担当者向けのwebメディア。給与計算、社会保険に関するQ&Aや、法改正など旬の人事ニュースはもちろんのこと、企業人事に役立つマニュアル、Excelツールなども無料配信中!企業人事のお悩み相談はこちらhttps://media.o-sr.co.jp/consulting/
SR人事メディア編集部

最新記事 by SR人事メディア編集部 (全て見る)

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
  • 採用情報

    SRのマイナンバー対策 マイナンバー対応実務セット

    ベンチャー企業のためのCloud勤怠管理システム

    お役立ち書式 無料ダウンロード

    無料労務士相談

  • 総合人事コンサルティング事業

    株式会社アウトソーシングSR

    労務・給与計算サポート事業

    社会保険労務士法人 人事部サポートSR

    就活支援事業

    株式会社ベストソーシングSR

    人事・経理・法務アウトソーシング事業

    HALコンサルティング

    社会労務士マーケティング支援

    Bowman & SR Partner Co.,Ltd

    訪問看護事業

    あわーず
PAGE TOP ↑