昼休み中の怪我は業務災害に含まれるか

524b90b4309ffc3b382545b437988d551

 質問

御教示願います。

弊社社員が会社内で昼休みをとっていた際に階段で足を踏み外して負傷してしまいました。

休憩時間中の災害は、業務災害として労災給付の対象となるのでしょうか?

 

回答

事業場での施設・管理状況などが原因となって発生する労災事故であれば業務災害となり得ます。
業務上災害の設定を受けるためには、発生した災害について業務遂行性と業務起因性の双方が認められなければなりません。
会社内の事故であったとしても昼休みの時間は、恣意的行為中の為業務遂行性と業務起因性との因果関係はないと捉えられますので、基本的に労災保険の補償を受けるのは難しいと言えます。
ただし、災害の原因が事業上施設の欠陥などである場合は、業務上の災害として労災保険の補償の対象となることがあります。
例えば、社内の階段が一部壊れているにも拘らず補修されてなく、社員が誤って足を引っ掛けて転んでしまった場合は、会社側が管理を怠っていたと考えますので、社員は労災保険の申請をして給付を受けることができます。

例:昼休み中の運動競技(キャッチボールなど)は、休憩時間利用の私的な行為ですから、その行為中に負傷しても業務災害と認められません。
昼休み中であっても、社内の強制行事である親睦会として昼食に参加していた場合は、労災保険の対象となる可能性が高いです。また、上司と共にお客様と昼食接待をしていた場合も同様です。

The following two tabs change content below.
SR人事メディア編集部
人事実務の専門家集団「社会保険労務士法人人事部サポートSRグループ」が運営する経営者と人事担当者向けのwebメディア。給与計算、社会保険に関するQ&Aや、法改正など旬の人事ニュースはもちろんのこと、企業人事に役立つマニュアル、Excelツールなども無料配信中!企業人事のお悩み相談はこちらhttps://media.o-sr.co.jp/consulting/

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
PAGE TOP ↑