有期契約者に定年を適用したいが、可能かどうか?

有期契約社員に「定年」は適用できるのでしょうか?
または「定年年齢」の60歳以降雇用(更新)しないと規定することはできるのでしょうか。
このとき、無期転換は発生しないとします。
弊社は、正社員は60歳定年で、65歳までの再雇用制度を導入しております。
若い会社の為、今まで定年になった人がいないため、このタイミングで確認をしたいと思っています。
The following two tabs change content below.
SR人事メディア編集部
人事実務の専門家集団「社会保険労務士法人人事部サポートSRグループ」が運営する経営者と人事担当者向けのwebメディア。給与計算、社会保険に関するQ&Aや、法改正など旬の人事ニュースはもちろんのこと、企業人事に役立つマニュアル、Excelツールなども無料配信中!企業人事のお悩み相談はこちらhttps://media.o-sr.co.jp/consulting/
SR人事メディア編集部

最新記事 by SR人事メディア編集部 (全て見る)

回答

有期雇用契約が5年を超えた場合(更新含む)、労働者の申し出により無期に転換しないといけません。
上記のことから本文の無期転換は発生しないとして、という前提ですので5年以内(更新含む)の雇用契約(更新含む)ということで回答させていただきます。

有期雇用契約者に「定年」を適用させるという考えはそぐわないかと思います。
ですから、60歳に到達する時点を含んだ期間の雇用契約締結時の書面に「更新をしない」ことを記載することでよろしいかと思います。

ただし、御社では65歳までの再雇用制度を導入されており、トラブル防止の観点からも有期雇用契約者との契約時および契約最終の更新時に60歳以降の契約更新をしない旨の説明をされることをお勧めいたします。
また、65歳を下回る年齢に達した日以降は契約更新を行わない旨の規定は、改正高年齢雇用安定法第9条に違反していると解される場合がございますので、規定されないほうがよろしいかと思います。

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
  • 採用情報

    SRのマイナンバー対策 マイナンバー対応実務セット

    ベンチャー企業のためのCloud勤怠管理システム

    お役立ち書式 無料ダウンロード

    無料労務士相談

  • 総合人事コンサルティング事業

    株式会社アウトソーシングSR

    労務・給与計算サポート事業

    社会保険労務士法人 人事部サポートSR

    就活支援事業

    株式会社ベストソーシングSR

    人事・経理・法務アウトソーシング事業

    HALコンサルティング

    社会労務士マーケティング支援

    Bowman & SR Partner Co.,Ltd

    訪問看護事業

    あわーず
PAGE TOP ↑