労働契約書に記載する賃金額が変わるときの対応

弊社では、入社後、試用期間を経て正社員となりますが、試用期間中は時給、その後月給と給与形態が変わります。

現在の労働契約書には試用期間段階での時給額のみ記載しておりますが、試用期間中とその後のそれぞれの給与額について明記する必要がありますでしょうか。

The following two tabs change content below.
SR人事メディア編集部
人事実務の専門家集団「社会保険労務士法人人事部サポートSRグループ」が運営する経営者と人事担当者向けのwebメディア。給与計算、社会保険に関するQ&Aや、法改正など旬の人事ニュースはもちろんのこと、企業人事に役立つマニュアル、Excelツールなども無料配信中!企業人事のお悩み相談はこちらhttps://media.o-sr.co.jp/consulting/
SR人事メディア編集部

最新記事 by SR人事メディア編集部 (全て見る)

回答

労働契約において、締結時に労働者に対して労働条件を明示するよう労働基準法第15条で定められておりますが、 労働契約締結時以降(試用期間を設ける際の、試用期間後(本採用後))の賃金明示までについての義務付けはありません。

しかし、今後の労務トラブルを未然に防ぐ為にも、試用期間中の賃金支払い体系(時給)及び試用期間後(本採用後)の賃金支払い体系(月給)、両方につきまして労働契約書へ明示される事をお勧めいたします。
また、試用期間の予定期間につきましても、添えられる事をお勧めいたします。

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
  • 採用情報

    SRのマイナンバー対策 マイナンバー対応実務セット

    ベンチャー企業のためのCloud勤怠管理システム

    お役立ち書式 無料ダウンロード

    無料労務士相談

  • 総合人事コンサルティング事業

    株式会社アウトソーシングSR

    労務・給与計算サポート事業

    社会保険労務士法人 人事部サポートSR

    就活支援事業

    株式会社ベストソーシングSR

    人事・経理・法務アウトソーシング事業

    HALコンサルティング

    社会労務士マーケティング支援

    Bowman & SR Partner Co.,Ltd

    訪問看護事業

    あわーず
PAGE TOP ↑