【年末調整】年金受給している父母を扶養親族とすることはできますか

1125

下記の要件では、扶養親族とすることができますでしょうか。

収入:年金 収入

金額:年額60万円程度

配偶者:あり (別居中)

従業員と母親は同居

生計:従業員が負担

回答

扶養親族とすることができます。

ポイントは以下の3つです。
①納税者と生計を一にしていること
②配偶者以外の親族であること
③年間の合計所得金額が38万円以下であること

文面から①と②の要件は満たしています。

③の所得について
年金収入がある場合の所得の算出方法について
65歳以上の場合、年金収入‐120万円、

60歳以上の場合、年金収入‐70万円の金額が所得となりますので
本件ではいずれにせよ所得額が0円となります。従って扶養親族とすることができます。

扶養親族とする前提として、以下のことを確認すること
従業員の父親が従業員の母親に対して仕送りをしていないこと
従業員の父親が従業員の母親を扶養親族として申告していないこと

公開日: 税務・税法 賃金

The following two tabs change content below.
SR人事メディア編集部
人事実務の専門家集団「社会保険労務士法人人事部サポートSRグループ」が運営する経営者と人事担当者向けのwebメディア。給与計算、社会保険に関するQ&Aや、法改正など旬の人事ニュースはもちろんのこと、企業人事に役立つマニュアル、Excelツールなども無料配信中!企業人事のお悩み相談はこちらhttps://media.o-sr.co.jp/consulting/

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
PAGE TOP ↑