残業申請の提出を拒否されてしまいます

0812.1

質問

当社では、残業時間の把握と抑制、従業員のタスクコントロールのトレーニングを目的として、事前申告制度を導入しています。

しかし、特に残業が多い課の課長から「何のために提出が必要なのか?提出してどう活用するのか?」という申し出がありました。

必要な人員数を与えられていないため、残業が多くなるのは会社側の責任、残業がほぼ確定してる状況で従業員に毎日申請させたくない、提出もしたくないとのことです。

課長の言うとおり、必要な人数を入れてもらえず、ほぼ毎日残業が発生する状況ではありますが、申請をするのとしないのでは法的にどのような違いがあるのでしょうか。

 

回答

 申請については法律上の義務ではありません。
しかし、就業規則に時間外労働をする場合は事前申請が必要と明記があるのであれば、就業規則に準じ行わせることが重要です。
 社員の模範となる役職のものが服務規律を守らない状態が続けば今後同じように就業規則を違反する社員が増えていくことが考えられます。
 また、事前申請の目的は述べられている通り、残業時間の把握と抑制、タスクコントロール等のマネジメントです。
 まずはこちらを課長本人に理解頂き、事前申請の提出を促すことが必要ではないでしょうか。
 それと同時に人員確保へ向けての改善の約束と報連相が大切です。
The following two tabs change content below.
SR人事メディア編集部
人事実務の専門家集団「社会保険労務士法人人事部サポートSRグループ」が運営する経営者と人事担当者向けのwebメディア。給与計算、社会保険に関するQ&Aや、法改正など旬の人事ニュースはもちろんのこと、企業人事に役立つマニュアル、Excelツールなども無料配信中!企業人事のお悩み相談はこちらhttps://media.o-sr.co.jp/consulting/

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
PAGE TOP ↑