他社で研修を行う際の労災の取り扱い、どうすれば?

弊社従業員に関して、業務習得のため関係会社である他社で半年間研修を受けさせることになりました。

他社での指揮命令に入りながらになりますが、出向ではなく、あくまで「研修」としての位置づけで、人件費はすべて当社で持つこととなります。

この場合、労災保険はどちらの会社で適用すべきでしょうか。

回答

業務習得のための研修とのことですが、御社の指揮命令に基づき実施されるのであれば 出張として扱われることが、一般的です。

他社の指揮命令を受けて労働を提供するような形態であれば、 出向または派遣契約など就業形態を変更されることが必要になります。 出向となりますと労災の加入は出向先、派遣契約では派遣元となります。 今一度、研修先である関係会社と研修内容と研修時の指揮命令権の所在を確認していただくことが重要かと存じます。

また、研修を受けられる方が入社内定者である場合などは労災保険の適用は労働基準法9条の労働者に当るかという観点から判断いたします。
支払われる賃金が一般の労働者並みの賃金であり少なくとも最賃法の規定を上回っていること、実際の研修内容が本来業務の遂行を含む研修期間中であり、それらが使用者の指揮命令の基に契約上の義務として支払われているものである事実があることが観点となります。

研修を実施する御社としても、受け入れる側の関連会社にしても事故の可能性を考慮してお互いに安全配慮義務を負いながら どのような研修としていくか検討されるとよろしいかと存じます。
The following two tabs change content below.
SR人事メディア編集部
人事実務の専門家集団「社会保険労務士法人人事部サポートSRグループ」が運営する経営者と人事担当者向けのwebメディア。給与計算、社会保険に関するQ&Aや、法改正など旬の人事ニュースはもちろんのこと、企業人事に役立つマニュアル、Excelツールなども無料配信中!企業人事のお悩み相談はこちらhttps://media.o-sr.co.jp/consulting/
SR人事メディア編集部

最新記事 by SR人事メディア編集部 (全て見る)

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
  • 採用情報

    SRのマイナンバー対策 マイナンバー対応実務セット

    ベンチャー企業のためのCloud勤怠管理システム

    お役立ち書式 無料ダウンロード

    無料労務士相談

  • 総合人事コンサルティング事業

    株式会社アウトソーシングSR

    労務・給与計算サポート事業

    社会保険労務士法人 人事部サポートSR

    就活支援事業

    株式会社ベストソーシングSR

    人事・経理・法務アウトソーシング事業

    HALコンサルティング

    社会労務士マーケティング支援

    Bowman & SR Partner Co.,Ltd

    訪問看護事業

    あわーず
PAGE TOP ↑