介護休業給付の受給要件とは?

介護休業給付の申請を検討している社員がおります。

 

状況としましては、旦那さんが脳梗塞で倒れ寝たきりで入院しているとのことで、現状、回復の目途が立っていない状態です。

介護対象家族が入院をしているため、本人が必ずしも「介護をしている状態である」とは言えないと思うのですが、介護休業給付金の受給は可能でしょうか。

 

介護対象者が入院をしている場合の給付について、厚労省のホームページには

『他の者の手伝いを受けている場合であっても、労働者本人が便宜を供与しているのであれば、社会通念上「対象家族を介護する」に該当する』との記載がございましたが、どの程度であれば受給の対象となるのでしょうか。

The following two tabs change content below.
marcy

marcy

SRの広報写真担当(のつもり)。常駐業務とバックオフィス業務を両方持たせていただいております。簪を日常に取り入れたい。
marcy

最新記事 by marcy (全て見る)

回答

今回のケースの場合につきましては、介護休業給付金を受給することは難しいと思われます。
介護休業給付金の支給決定についての最大のポイントは、対象家族が要介護状態にあるかどうかというところになります。

この「要介護状態にあるか」ということに関しましては、育児介護休業法上の要介護状態に該当していれば良く、必ずしも介護保険法上における要介護認定を受けていないと認められないというわけでございません。

常時介護を必要とする状態とは、
1)日常生活動作事項(第1表の事項欄の歩行、排泄、食事、入浴及び着脱衣の5項目をいう。)のうち、全部介助が1項目以上及び一部介助が2項目以上あり、かつ、その状態が継続すると認められること。
2)問題行動(第2表の行動欄の攻撃的行為、自傷行為、火の扱い、徘徊、不穏興奮、不潔行為及び失禁の7項目をいう。)のうちいずれか1項目以上が重度又は中度に該当し、かつ、その状態が継続すると認められること。
このいずれかに該当しているかで判断をすることとなっております。

お問合せいただきましたケースにつきましては、「治療・看護の状況であり、また、通常の面会・着替えの交換等を行っている」ということであれば、ご本人で介護をしている状況とは判断されにくく、治療・看護を受けている状態と判断される可能性が髙いと思われます。

また、ご本人が病院等に簡易ベッドを借り、食事介助や排泄介助等を行っている場合には認められるケースもございますので、ご本人に詳細を聞いていただいた上で、支給申請をなさるかどうかご検討いただけますと幸いです。

公開日: 労務管理 育児介護休業

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
  • 採用情報

    SRのマイナンバー対策 マイナンバー対応実務セット

    ベンチャー企業のためのCloud勤怠管理システム

    お役立ち書式 無料ダウンロード

    無料労務士相談

  • 総合人事コンサルティング事業

    株式会社アウトソーシングSR

    労務・給与計算サポート事業

    社会保険労務士法人 人事部サポートSR

    就活支援事業

    株式会社ベストソーシングSR

    人事・経理・法務アウトソーシング事業

    HALコンサルティング

    社会労務士マーケティング支援

    Bowman & SR Partner Co.,Ltd

    訪問看護事業

    あわーず
PAGE TOP ↑