在宅勤務を選択肢に望む会社員は9割以上 「病気」「通勤」「介護」など

news_net

TeamViewer GmbHによる意識調査の、「コンピューター・デバイスの利用状況および在宅勤務とリモートアクセス」に関する結果が、同社のプレスリリースにて発表された。

在宅勤務が選択肢として挙がるシーンとしては、「病気のときにも仕事のメールを確認しておきたい」「通勤時間を減らしたい」等、様々なものがあった。

昨今のビジネスパーソンには「生活と仕事のバランスを保つ」ことが求められているのだろう。

 

続きはこちらからご覧ください。

 

 


公開日:

The following two tabs change content below.
SR人事メディア編集部

SR人事メディア編集部

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
PAGE TOP ↑