正規雇用・非正規雇用の格差

0929

平均給与、正規雇用者は増加、非正規雇用者は減少…(毎日新聞より)

 

国税庁の民間給与の実態統計調査によると、民間企業で働く会社員やパート従業員が2013年に受け取った給与の平均は413万6千円となり、前年を5万6千円(1.4%)上回ったことがわかりました。この増加は3年ぶりだといいます。

また、雇用形態ごとに見てみると、役員らを除く正規雇用者は473万円となり、前年と比較し5万4千円(1.2%)上がっていたようですが、その一方で、パートやアルバイトなど非正規雇用者は167万8千円と前年を2千円(0.1%)下回り、正規雇用の社員と非正規雇用の社員で格差が広がっています。

 

正規の雇用環境はアベノミクスの影響もあって従来より改善され、平均給与は上昇しているものの、人手不足によって雇い入れたアルバイト・パート社員の方にまではその手は届かず…。そんな背景が、今回の統計結果に結びついています。

 

給与水準はどうなっている?

給与水準とは、正社員の問題だけではありません。たとえ短時間の勤務、アルバイト・パート社員であっても優秀な方はいらっしゃいますよね。

アルバイト・パート社員の方の雇用環境がよければ、自ずと正社員の雇用環境もよくなるものです。

「ブラック企業」などと言われて人が集まらなくなってしまう…そんなことになる前に、給与水準を見なおしてみませんか?

 

btn_contact

こんなときは…

「給与水準を見直したいけれど、忙しくてなかなか手を付けることができない」
「何から始めていいのかわからない…」などということはありませんか?

お悩みでしたら弊社までお問い合わせください。(HPにも事例を紹介しております!)

弊社コンサルタントがそんなお悩みを解決するためのお手伝いをさせていただきます。

 


公開日:

The following two tabs change content below.
marcy

marcy

SRの広報写真担当(のつもり)。常駐業務とバックオフィス業務を両方持たせていただいております。簪を日常に取り入れたい。

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
PAGE TOP ↑