留学生を雇用する際の注意点

グローバル

こんにちは

 

春になり徐々に暖かくなり外回りの仕事がしやすくなったと感じる今日この頃。

 

以前ある企業が、留学生のアルバイトを雇用する際の注意点を教えて欲しいと言われたのを思い出しました。

 

 

なので、今回は留学生を雇用する際の注意点を書こうと思います。

 

注意点①:在留カードのチェック

留学生がアルバイトをするためには事前に許可を取得しなければなりません。その確認のために在留カードとパスポートの持参をしてもらいましょう。

在留カードの「資格外活動許可」欄に「許可(原則週28時間以内・風俗営業等の従事を除く)」と記載があればアルバイト可能。これは期限もありますので期限が切れていないかの確認もしましょう。

 

注意点②:28時間を超えない

アルバイト活動できる時間も決まっています。

原則週28時間を超えての労働は認められていません。インターンをしていた留学生の人から聞きましたが、この28時間を超えてしまったのが発覚し、強制送還になったケースも。

ただし、学校が長期休暇の際は1日8時間まで可能です。

 

注意点③:留学生を雇用できる業種かチェック

全ての業種でアルバイト活動ができるわけではありません。

風俗営業が行われる場所でのアルバイトは禁止されています。キャバクラ、パチンコ、麻雀店、ゲームセンターなどです。

 

なお、就労資格のない留学生を雇用してしまった場合、雇用側にも罰則が与えられることがあります。(3年以下の懲役または300万円以下の罰金)

なので、雇用する際はしっかりとチェックすることを徹底しましょう。

 

 

 


公開日:

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
  • 採用情報

    SRのマイナンバー対策 マイナンバー対応実務セット

    ベンチャー企業のためのCloud勤怠管理システム

    お役立ち書式 無料ダウンロード

    無料労務士相談

  • 総合人事コンサルティング事業

    株式会社アウトソーシングSR

    労務・給与計算サポート事業

    社会保険労務士法人 人事部サポートSR

    就活支援事業

    株式会社ベストソーシングSR

    人事・経理・法務アウトソーシング事業

    HALコンサルティング

    社会労務士マーケティング支援

    Bowman & SR Partner Co.,Ltd

    訪問看護事業

    あわーず
PAGE TOP ↑