生活意識、59.9%が苦しいと回答 厚労省調査

生活が苦しい

 

厚生労働省は15日、2013年の「国民生活基礎調査」を公表した。

前年比2%減の537万2000円で、85年以降、過去4番目の低さだった。

活意識別に世帯数の構成割合をみると、「苦しい」(「大変苦しい」と「やや苦しい」)
が 59.9%となっており、上昇傾向が続いている。

 

 

(参照:平成 25 年 国民生活基礎調査の概況 – 厚生労働省

 


公開日:

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
PAGE TOP ↑