通勤時の交通事故における保険の扱い

通勤時に交通事故を起こした際の対応についてお教えください。

保険会社より通勤災害申請を求められている者がいます。

 

以下の状況から、今後同様のケースが起こった際、運用を統一したいこともあり、改めてどうすべきかご教示をお願いします。
1)本来、自賠責保険は被害者保護の優先であることから、保険会社の見解が妥当でしょうか?
2)労災申請となると、次年度のメリット料率にも影響が出ますか?

 

事故の状況としては、社員自身が前の車に追突してしまったものです。

自賠責保険の適用も選択肢の一つではないかと考えております。

回答

自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)で補填されるのは、交通事故などで他人を死亡させたり、ケガをさせたりした「人身事故」の場合です。相手への損害賠償に対して保険金が支払われますので、
・運転車自身のケガ
・自動車の修理代
・単独の人身事故(例:電柱に衝突してケガをしたなど)
では保険金が支払われません。
御社の従業員がわき見運転により追突(過失割合10割)し、自身も怪我をされたという状況であるならば、ご自身の治療費については自賠責保険では保証がされませんので、保険会社の見解通り、通勤災害の申請となります。

なお、通勤災害は事業主の責任はありませんので、メリット点数に影響はございません。

相手にも過失がある場合は、自賠責保険を使うことも可能ではありますが、自賠責保険では、自分の過失割合が7割を超える者に対しては、損害補償が5割~2割の範囲で減額されてしまいます。しかし、労災保険には過失割合による減額はありませんので、やはり労災保険を使った方が良いこととなります。

なお、相手の急ブレーキであっても、追突は、故意の急ブレーキでなければ、十分な車間距離を取っていなかった追突した側が過失割合10割とされるのが通常のようです。
The following two tabs change content below.
marcy

marcy

SRの広報写真担当(のつもり)。常駐業務とバックオフィス業務を両方持たせていただいております。簪を日常に取り入れたい。
marcy

最新記事 by marcy (全て見る)

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
  • 採用情報

    SRのマイナンバー対策 マイナンバー対応実務セット

    ベンチャー企業のためのCloud勤怠管理システム

    お役立ち書式 無料ダウンロード

    無料労務士相談

  • 総合人事コンサルティング事業

    株式会社アウトソーシングSR

    労務・給与計算サポート事業

    社会保険労務士法人 人事部サポートSR

    就活支援事業

    株式会社ベストソーシングSR

    人事・経理・法務アウトソーシング事業

    HALコンサルティング

    社会労務士マーケティング支援

    Bowman & SR Partner Co.,Ltd

    訪問看護事業

    あわーず
PAGE TOP ↑