就業規則の届出を効率化させるには?

弊社には複数の就業規則が存在します。
正規・契約・嘱託・パートタイマーの4種です。

 

今回、それぞれの就業規則の同様箇所に、2つの項目を追記して改訂を行いました。
こちらは、4種類すべてについて届けなければならないのでしょうか。

 

また、意見書は、1人の代表に全ての就業規則について意見を聞いてもよいのでしょうか。

回答

就業規則の届出につきまして、正規社員分のみならず、4種類全ての届出が必要となります。
この場合、4種類の変更届をそれぞれ作成し提出する必要はなく、紙一枚の中に、変更箇所について「正規社員の就業規則 第○条 変更前... 変更後...」といった対照表のようなかたちでまとめて記載し、届け出ることで問題ありません。

また、意見書についても同様に、4種類の全てで従業員代表からの意見聴取が必要となりますが、こちらもまとめて届け出ることで差し支えありません。
The following two tabs change content below.
marcy

marcy

SRの広報写真担当(のつもり)。常駐業務とバックオフィス業務を両方持たせていただいております。簪を日常に取り入れたい。
marcy

最新記事 by marcy (全て見る)

公開日: 就業規則 採用・雇用

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
  • 採用情報

    SRのマイナンバー対策 マイナンバー対応実務セット

    ベンチャー企業のためのCloud勤怠管理システム

    お役立ち書式 無料ダウンロード

    無料労務士相談

  • 総合人事コンサルティング事業

    株式会社アウトソーシングSR

    労務・給与計算サポート事業

    社会保険労務士法人 人事部サポートSR

    就活支援事業

    株式会社ベストソーシングSR

    人事・経理・法務アウトソーシング事業

    HALコンサルティング

    社会労務士マーケティング支援

    Bowman & SR Partner Co.,Ltd

    訪問看護事業

    あわーず
PAGE TOP ↑