フレックスタイム制の場合の欠勤時間分の控除について

コアタイム11:00~15:30、月の所定労働時間が労働日×7.75h(労働日が20日の場合、155h)というフレックスタイム制の導入を検討しています。

コアタイムは出勤しているものの月の所定労働時間数に満たないことが稀に見られるのですが、その場合、所定労働時間に足りない時間は控除しても問題ないのでしょうか。

回答

フレックタイム制であってもノーワーク・ノーペイの原則にしたがって、賃金カットをすることができます。

清算期間における総労働時間に対して実働時間が不足するときには、その時間(フレックス不足時間)を算出し、就業規則に定めた控除式からフレックス減額をするという運用方法になります。
フレックス減額の単価を設定する際には、基準内賃金を清算期間における総労働時間で割る方法を採用するとよいでしょう。
上記の運用をする際には、控除の計算式をしっかりと規程化、周知することが肝要です。そうすることで未払いトラブルの防止にもつながります。
The following two tabs change content below.
nishi

nishi

運用グループにて給与計算・手続きを担当しているnishiです。東京都多摩市の出身です。普段は寡黙でおとなしい性格ですが、カラオケでマイクを持つと人が変わると周りからよく言われます。
nishi

最新記事 by nishi (全て見る)

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
  • 採用情報

    SRのマイナンバー対策 マイナンバー対応実務セット

    ベンチャー企業のためのCloud勤怠管理システム

    お役立ち書式 無料ダウンロード

    無料労務士相談

  • 総合人事コンサルティング事業

    株式会社アウトソーシングSR

    労務・給与計算サポート事業

    社会保険労務士法人 人事部サポートSR

    就活支援事業

    株式会社ベストソーシングSR

    人事・経理・法務アウトソーシング事業

    HALコンサルティング

    社会労務士マーケティング支援

    Bowman & SR Partner Co.,Ltd

    訪問看護事業

    あわーず
PAGE TOP ↑