時短勤務者へ固定残業代を導入するべきか

弊社では一般職員に30時間の固定残業代を設定しています。

このたび、時短勤務の制度を導入することになったのですが、時短勤務社員にも固定残業代の設定を行うべきでしょうか?

 

固定残業代の設定をせずに給与水準を設定した場合、一般職員と比べて給与水準が大きく下がってしまうのではないか、と思う一方で時短勤務に決まった残業があるというのも不自然に思えます。

回答

時短勤務者に対する固定残業代の設定については法的な定めはありませんので、設定をすること自体に問題はありません。

会社が時短勤務を導入することになった目的に沿った制度にしていくことになります。
例えば、病気等そもそも長時間勤務ができない社員のために導入するのであれば、残業を原則行わないことが想定されますので、固定残業代を設定しない方が妥当性があると言えます。
他方、育休等からの復帰を時短勤務の形で行う等であれば、残業が発生しても不自然ではないと存じます。

もちろん、ご懸念のあるように給与水準の極端な低下の防止のために固定残業代を設定するのも一つの方法かと思いますが、その場合は固定残業代だけでなく、基本給の水準調整も調整方法として考えられます。

御社の状況・目的に合わせて制度を設定、周知徹底を行い、御社及び従業員が納得のいくような制度決定していくのがよいでしょう。
The following two tabs change content below.
人事実務の専門家集団「社会保険労務士法人人事部サポートSRグループ」のwebメディア。人事制度、採用、労務、HRtech、法改正など旬の人事ニュースを掲載。実務に役立つExcelツールも無料配信中!

最新記事 by SR人事メディア編集部 (全て見る)

公開日: 時間外手当 賃金

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
  • 採用情報

    SRのマイナンバー対策 マイナンバー対応実務セット

    介護離職防止サービス あわーず福利厚生課

    お役立ち書式 無料ダウンロード

    用語説明

    チャット労務士相談

  • 総合人事コンサルティング事業

    株式会社アウトソーシングSR

    労務・給与計算サポート事業

    社会保険労務士法人 人事部サポートSR

    人事・経理・法務アウトソーシング事業

    HALコンサルティング

    社会労務士マーケティング支援

    Bowman & SR Partner Co.,Ltd

    訪問看護事業

    あわーず
PAGE TOP ↑