コロナ休業中における年次有給休暇取得義務の対応は必要か

アルバイトの「年次有給休暇取得義務の対応」についての相談です。
2018年10月16日入社のアルバイト(2020年4月に有給休暇は10日付与)で2021年4月に有給休暇の付与予定でしたが、3/15付けで退職することとなりました。ただ、この1年間休業状態のため、本人が有給希望を出せる状態にありませんでした(休業は2020年3月より実施)。この場合、3/1~3/15までに有休取得義務として5日間強制消化は必要でしょうか。

また、取得できない場合の罰則はありますでしょうか。

回答

お問い合わせ頂きました件につきまして、有給休暇の年5日取得の義務化の対応について、現時点コロナ禍だからということで特例措置などが設けられているというわけではありませんので、主旨通りの適用が求められるものと考えます。

ただ、今回の場合、対象従業員の基準日(2020年4月1日)からの1年間について、それ以前(3月から休業要請)より休業に入っており期間中(問い合わせ時点)においても休業が解消されてないことから、会社にとって義務の履行が不可能なため、法違反を問われることはないものと考えます。

また、監督署もこの厳しい環境下で使用者が義務の履行ができていなからといって、直ちに罰則を適用することは少ないものと考えます(悪質なものは除きます)。
The following two tabs change content below.
人事実務の専門家集団「社会保険労務士法人人事部サポートSRグループ」のwebメディア。人事制度、採用、労務、HRtech、法改正など旬の人事ニュースを掲載。実務に役立つExcelツールも無料配信中!

最新記事 by SR人事メディア編集部 (全て見る)

公開日: 労務管理 有給休暇

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
  • 採用情報

    SRのマイナンバー対策 マイナンバー対応実務セット

    介護離職防止サービス あわーず福利厚生課

    お役立ち書式 無料ダウンロード

    用語説明

    チャット労務士相談

  • 総合人事コンサルティング事業

    株式会社アウトソーシングSR

    労務・給与計算サポート事業

    社会保険労務士法人 人事部サポートSR

    人事・経理・法務アウトソーシング事業

    HALコンサルティング

    社会労務士マーケティング支援

    Bowman & SR Partner Co.,Ltd

    訪問看護事業

    あわーず
PAGE TOP ↑