労災認定までに時間がかかるときの対応は?

労災の休業補償給付を請求している従業員がいますが、調査等で認定までに少なくとも半年はかかると労働基準監督署より言われました。その間、従業員は無給の状態になりますが、どのように対応したらよろしいでしょうか。

回答

労災認定は、時間がかかる場合だと1年以上かかる場合もございます。
労災が認定されれば、遡って休業補償給付を受給できますが、労災が認定されなければ、私傷病として健康保険で傷病手当金を申請する流れになります。

ただし、労災認定に時間がかかると事前にわかっている場合は、労災の申請中である旨を伝えて健康保険で傷病手当金を申請すると、認定が下りるまでの間、傷病手当金の支給をしてもらえる場合がございます。

こちらの場合、労災の認定がされると、傷病手当金は全額または一部を返納することになります。
協会けんぽですと、申請時にその旨、同意書等での同意が必要になります。

該当の健保組合等へ、一度ご相談下さい。
The following two tabs change content below.
人事実務の専門家集団「社会保険労務士法人人事部サポートSRグループ」のwebメディア。人事制度、採用、労務、HRtech、法改正など旬の人事ニュースを掲載。実務に役立つExcelツールも無料配信中!

最新記事 by SR人事メディア編集部 (全て見る)

公開日: 労災・安全衛生

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
  • 採用情報

    SRのマイナンバー対策 マイナンバー対応実務セット

    ベンチャー企業のためのCloud勤怠管理システム

    介護離職防止サービス あわーず福利厚生課

    お役立ち書式 無料ダウンロード

    用語説明

    チャット労務士相談

  • 総合人事コンサルティング事業

    株式会社アウトソーシングSR

    労務・給与計算サポート事業

    社会保険労務士法人 人事部サポートSR

    人事・経理・法務アウトソーシング事業

    HALコンサルティング

    社会労務士マーケティング支援

    Bowman & SR Partner Co.,Ltd

    訪問看護事業

    あわーず
PAGE TOP ↑