妊娠中でも残業や夜勤はできる?

弊社は介護施設を経営しております。女性介護スタッフより、現在妊娠中であると報告を受けました。母体に負担がかからないよう、 担当業務の見直しや配置転換を検討しようとしたところ、

「幸いつわりもなく体調も良好なので、今までの担当業務を引き続き行い、 残業も夜勤も行いたい。」

と本人から希望が出されました。本人の言うとおり夜勤等をさせても良いのでしょうか?

回答

妊娠中の女性が軽易業務への転換を請求した場合には、他の軽易な業務に転換させなければなりません。(労働基準法第65条第3項)
また、妊産婦が請求した場合には、時間外労働、休日労働又は深夜業をさせることはできません。(労働基準法第66条第2項、第3項)
今回、該当のスタッフは、転換を希望しておりませんし、時間外等をしたくないと申し出ているわけではないため、基本的には通常の労働者と同様に働いていただくことが可能です。ご本人が希望していないにもかかわらず、配置転換等行う場合、「妊娠・出産等を理由とする不利益取り扱い」(男女雇用機会均等法第9条)と見なされる可能性があります。

とはいえ、ご本人がいくら良好と言ったところで、貴社は介護施設運営ですから、ベッドから車いすへの移乗や入浴介助等、身体に負担がかかる業務が多くあるため、会社は配慮は必要でしょう。

ご本人との面談の機会を増やしこまめに体調の確認を行う、産業医の意見を聞く、または「母性健康管理指導 事項連絡カード」を利用して、女性スタッフを介して主治医と連絡をとり、必要な措置について判断を求めることなどをお勧め致します。その中で、体調悪化が懸念される場合には、就業制限を検討するようにして下さい。
The following two tabs change content below.
人事実務の専門家集団「社会保険労務士法人人事部サポートSRグループ」のwebメディア。人事制度、採用、労務、HRtech、法改正など旬の人事ニュースを掲載。実務に役立つExcelツールも無料配信中!

最新記事 by SR人事メディア編集部 (全て見る)

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
  • 採用情報

    SRのマイナンバー対策 マイナンバー対応実務セット

    介護離職防止サービス あわーず福利厚生課

    お役立ち書式 無料ダウンロード

    用語説明

    チャット労務士相談

  • 総合人事コンサルティング事業

    株式会社アウトソーシングSR

    労務・給与計算サポート事業

    社会保険労務士法人 人事部サポートSR

    人事・経理・法務アウトソーシング事業

    HALコンサルティング

    社会労務士マーケティング支援

    Bowman & SR Partner Co.,Ltd

    訪問看護事業

    あわーず
PAGE TOP ↑