年次有給休暇に上乗せするアニバーサリー休暇は取得義務の対象になるか

弊社では福利厚生の充実を図っており、その一環として、誕生日などに利用できるアニバーサリー休暇の導入を検討しています。
それに対し、「年休5日取得が義務化された中で休暇を新設すると、年次有給休暇取得を阻害してしまうのではないか」との意見がありました。
対策として、現在法定通り付与している年次有給休暇にアニバーサリー休暇の日数を上乗せ付与することを考えているのですが、上乗せ分は年休取得義務5日に含めることができますでしょうか。

回答

法定の年次有給休暇とは別に独自に制定した休暇は、原則として年次有給休暇の取得5日に含めることはできません。
ただし例外として、

①取得の事由及び時季が限定されていないこと
②法定の年次有給休暇日数を上乗せするものとして付与されること

のいずれも満たす休暇については、取得5日にカウントすることができます。

ご質問のアニバーサリー休暇につきましては、取得理由が記念日に限定されているようですので、取得5日の対象外となります。

5日に含めたいのであれば、上乗せした日数についても記念日に限らず、取得目的は自由である旨を明示したうえで導入いただきますようお願いいたします。
(なおこの場合、「アニバーサリー休暇」という名称はそぐわないと存じますので、別の名称にされたほうがよろしいかと存じます。)
The following two tabs change content below.
人事実務の専門家集団「社会保険労務士法人人事部サポートSRグループ」が運営する経営者と人事担当者向けのwebメディア。人事制度、採用、給与計算、社会保険のQ&Aや法改正など旬の人事ニュースを掲載。実務に役立つExcelツールも無料配信中!

最新記事 by SR人事メディア編集部 (全て見る)

公開日: 労務管理 有給休暇

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
  • 採用情報

    SRのマイナンバー対策 マイナンバー対応実務セット

    ベンチャー企業のためのCloud勤怠管理システム

    介護離職防止サービス あわーず福利厚生課

    お役立ち書式 無料ダウンロード

    用語説明

    チャット労務士相談

  • 総合人事コンサルティング事業

    株式会社アウトソーシングSR

    労務・給与計算サポート事業

    社会保険労務士法人 人事部サポートSR

    人事・経理・法務アウトソーシング事業

    HALコンサルティング

    社会労務士マーケティング支援

    Bowman & SR Partner Co.,Ltd

    訪問看護事業

    あわーず
PAGE TOP ↑