第2子の育児休業給付金の金額は第1子の時よりも下がるのか?

第1子の育児休業から復帰した後、短時間勤務にて1年間勤務した従業員が、第2子を妊娠したため再度産休・育休を取得した場合、第2子の育児休業給付金は、短時間勤務の賃金をもとに算定されるのでしょうか。

それとも、第1子の育児休業前のフルタイムで働いていた時の賃金をもとに算定してもらえるものなのでしょうか。

 

回答

第1子育児休業後に短時間勤務を実施していた場合の第2子の育児休業給付金の賃金月額ですが、第2子の休業開始時賃金月額証明書にて、備考欄へ短時間勤務を行った期間を記載した上で届出をすることで、第1子届出時の賃金月額×0.7と第2子届出時の賃金月額を比較して高い方を賃金月額として登録できる場合があります。

ただし、第2子の産前休暇開始前までに、第1子が3歳に到達している場合はこの比較計算は行われず、通常通り第2子の産前休暇開始直前の賃金をもとに算出されます。

実際の計算はハローワークの判断で行われますが、第2子以降の育児休業の場合には短時間勤務を行っていたかなどご確認いただき、届出の際は念のため第1子届出時の休業開始時賃金月額証明書を添付の上届出されることをおすすめします。

◆育児休業中に働いたら給付金は支給されない?

・支給単位期間中に 11 日以上かつ80時間を超えて就労した場合は支給されません。


育休中の従業員に仕事を依頼するとき、本人から仕事をしたい旨の申し出があった場合はこれを超えないよう注意しましょう。
・上記就労状況だけでなく、支給する賃金額によっては、給付金が減額されたり支給されない場合があります。
※参考:育児休業期間中に就業した場合の 育児休業給付金の支給について(厚生労働省)



◆育児休業中に副業や兼業をしたらどうなる?

・他社で就労した場合でも、業務委託契約や個人事業主として就労した場合でも、支給単位期間中に 11 日以上かつ 80 時間を超えて就労した場合には、育児休業給付金は支給されません。
・自社以外から支給された賃金や報酬による育児休業給付金の支給額の調整は発生しません。自社で受け取った賃金額のみが対象となります。
※そもそも許可なく副業・兼業行うことに対しては、懲戒等の対象となりうることを休業前に説明しておきましょう。



◆スムーズな復職のための制度としての活用

・育児休業給付金の支給要件を逆手に取って、復職プログラムを作成し、サポートすることを考えてみてはいかがでしょうか。復職に際し、不安を感じる人もいます。子供に「慣らし保育」があるように、少しずつ仕事に慣れる「慣らし勤務」制度があれば、スムーズに復職でき、復職後の退職を防ぐことができます。



◆完全に休業することや就業することを強要しないように

・やむを得ない業務上の都合や、経済的な事情により、育児休業中であっても就労を希望するケースも増えてきています。また、円滑に復帰したいために仕事から全く離れることをよしとしない人、子育てに専念したい人もいます。
育休に入る前に、本人の意向と復職の時期等確認し、業務の調整を行い、必要な体制を整えましょう。

The following two tabs change content below.
SR人事メディア編集部
人事実務の専門家集団「社会保険労務士法人人事部サポートSRグループ」が運営する経営者と人事担当者向けのwebメディア。人事制度、採用、給与計算、社会保険のQ&Aや法改正など旬の人事ニュースを掲載。実務に役立つExcelツールも無料配信中!https://media.o-sr.co.jp/consulting/
SR人事メディア編集部

最新記事 by SR人事メディア編集部 (全て見る)

公開日: 労務管理 育児介護休業

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
  • 採用情報

    SRのマイナンバー対策 マイナンバー対応実務セット

    ベンチャー企業のためのCloud勤怠管理システム

    介護離職防止サービス あわーず福利厚生課

    お役立ち書式 無料ダウンロード

    チャット労務士相談

  • 総合人事コンサルティング事業

    株式会社アウトソーシングSR

    労務・給与計算サポート事業

    社会保険労務士法人 人事部サポートSR

    就活支援事業

    株式会社ベストソーシングSR

    人事・経理・法務アウトソーシング事業

    HALコンサルティング

    社会労務士マーケティング支援

    Bowman & SR Partner Co.,Ltd

    訪問看護事業

    あわーず
PAGE TOP ↑