アルバイトの労災、シフト休日は「休業」となる?

アルバイトの労災が発生し、下記のような状態になっています。死傷病報告の提出をするにあたって、休業日数をどのように数えればよいでしょうか。

水(出勤[負傷日])

木(欠勤)

金(欠勤[シフト休み])

土(欠勤[シフト休み])

日(公休日)

月(欠勤)

火(出勤[復帰日])

シフト上、金曜と土曜は出勤する義務はないといあらかじめ決めているため、公休日を含んで木曜(欠勤)から月曜(欠勤)まで5日の休業になると考えていますが、シフト上の休みを公休日と同じ様にカウントしてよいのでしょうか。

当該アルバイトがダブルワークをしており、通常シフト休みの日は別の仕事をしていると聞いていますが、今回の弊社での労災によって休業となっているようです。
その部分についても何か考慮する必要がありますか?

回答

今回の労災申請期間において、御社の公休日として予定されていた日曜日、ならびに該当のアルバイト社員の方のシフト上の休日として予定されていた金曜日・土曜日については、同様の考え方でカウントします。
この休日については、仮に出勤を命ぜられても傷病により労務提供を負うことはできない状況にあり、労働する義務を負わない「休日」としては扱うことができないため、「休業」として扱います。
そのため、木曜(欠勤)から月曜(欠勤)まで5日間が休業日となります。

※ご参考まで
・所定労働時間中に負傷、早退し受診した場合
 ⇒負傷した当日が起算日(昭27・8・8基収第3208号)
・所定労働時間内に負傷し、所定労働時間終了後に受診した場合
・所定労働時間外の残業中に負傷し翌日から休業した場合
 ⇒翌日が起算日

尚、労働者死傷病報告は御社での休業に関しての内容をご提出するものですので、労災の書類上でダブルワーク先の出勤に関して考慮する部分はございません。
現行法上、御社での負傷に起因するダブルワーク先の休業(欠勤)については保障が下りないため、該当の社員の方から問い合わせがあった際には、その旨お伝えいただくこととなります。

また、休業日のカウントという点からは話は逸れますが、休業補償の待期期間については、会社の公休日についても会社が休業手当を支給する必要があり、これは上記のシフト上の休日についても該当します。その点ご留意ください。
The following two tabs change content below.
SR人事メディア編集部
人事実務の専門家集団「社会保険労務士法人人事部サポートSRグループ」が運営する経営者と人事担当者向けのwebメディア。人事制度、採用、給与計算、社会保険のQ&Aや法改正など旬の人事ニュースを掲載。実務に役立つExcelツールも無料配信中!https://media.o-sr.co.jp/consulting/
SR人事メディア編集部

最新記事 by SR人事メディア編集部 (全て見る)

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
  • 採用情報

    SRのマイナンバー対策 マイナンバー対応実務セット

    ベンチャー企業のためのCloud勤怠管理システム

    介護離職防止サービス あわーず福利厚生課

    お役立ち書式 無料ダウンロード

    チャット労務士相談

  • 総合人事コンサルティング事業

    株式会社アウトソーシングSR

    労務・給与計算サポート事業

    社会保険労務士法人 人事部サポートSR

    就活支援事業

    株式会社ベストソーシングSR

    人事・経理・法務アウトソーシング事業

    HALコンサルティング

    社会労務士マーケティング支援

    Bowman & SR Partner Co.,Ltd

    訪問看護事業

    あわーず
PAGE TOP ↑