産業医の選任が必要な事業所のカウントについて

弊社では、現在本社勤務(直接雇用者数(正社員・契約社員・アルバイト含む):42名)、
派遣スタッフ:4名の合計46名となりますが、この他に、3名別事業所にて就業して
いるものがおります(労働・社会保険、賃金の支払いは本社管轄)。

この場合、別事業所で業務をしております3名も本社勤務としてカウントをするので
しょうか。

 


━━【PR】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽▼▽▼▽▼SRグループから新サービスのご案内▲△▲△▲△
小規模、スタートアップ企業向け「チャット労務顧問」サービス開始しました!
☆月5,000円→初月はお試し期間で無料(アンケートご回答でお試し期間のみのご利用も可!)
☆人事労務に関する質問を、労務顧問経験豊富なスタッフが迅速に対応します!
⇒ https://sharoushi.o-sr.co.jp/archives/1239
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【PR】━━

回答

労働安全衛生法における事業場の考え方は昭和47年9月18日発基第91号通達の第2の3「事業場の範囲」で示されているように、一つの事業場であるか否かは主として場所的観念(同一の場所か離れた場所かということ)によって決定すべきであり、同一の場所にあるものは原則として一つの事業場とし、場所的に分散しているものは原則として別個の事業場とされております。例外として、場所的に分散しているものであっても規模が著しく小さく、組織的な関連や事務能力などを勘案して一つの事業場という程度の独立性のないものは、直近上位の機構と一括して一つの事業場として取り扱うとされております。

今回のご質問にある別事業所が組織的な関連や事務能力等を勘案して独立性がない場合は直近上位の組織に組み込まれ一つの事業場として産業医の選任が必要な事業場と考えます。
(独立した事業所であれば各々で産業医の選任が必要な事業所となります)

その他従業員の範囲もその事業所で働くすべての者が対象となり、正規従業員だけでなく、パート・アルバイトなどの非正規従業員もそのカウントに含まれますのでご留意ください。

産業医の役割が重要になってきている昨今、人数規模にかかわらず従業員の健康管理に関して重要なテーマです。選任の必要がない場合におきましても地域の産業保健サービスなどの活用を検討されてはいかがでしょうか。
The following two tabs change content below.
SR人事メディア編集部
人事実務の専門家集団「社会保険労務士法人人事部サポートSRグループ」が運営する経営者と人事担当者向けのwebメディア。人事制度、採用、給与計算、社会保険のQ&Aや法改正など旬の人事ニュースを掲載。実務に役立つExcelツールも無料配信中!https://media.o-sr.co.jp/consulting/
SR人事メディア編集部

最新記事 by SR人事メディア編集部 (全て見る)

公開日:

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
  • 採用情報

    SRのマイナンバー対策 マイナンバー対応実務セット

    ベンチャー企業のためのCloud勤怠管理システム

    介護離職防止サービス あわーず福利厚生課

    お役立ち書式 無料ダウンロード

    無料労務士相談

  • 総合人事コンサルティング事業

    株式会社アウトソーシングSR

    労務・給与計算サポート事業

    社会保険労務士法人 人事部サポートSR

    就活支援事業

    株式会社ベストソーシングSR

    人事・経理・法務アウトソーシング事業

    HALコンサルティング

    社会労務士マーケティング支援

    Bowman & SR Partner Co.,Ltd

    訪問看護事業

    あわーず
PAGE TOP ↑