末期がんの家族を退院させて自宅で看取る場合、介護休業給付の受給対象となるか

1人の従業員から、父親の介護のために休業をしたいと申し出がありました。
当該従業員の父親は末期がん患者であり、申告された余命もわずかということから自宅療養に切り替えるとのことです。
弊社としては休業を認める予定です。

 

原則として入院中は介護休業給付の受給はできないかと思いますが、最期まで病院で治療を受けることもできるが自宅療養に切り替えた、というような場合でも介護休業給付の受給対象となるのでしょうか。

 

回答

介護休業給付の受給資格は満たしているものとして回答します。

介護休業給付の受給要件に「入院できないこと」というようなものはございません。よって、受給要件を満たした状態であれば介護休業給付を受給することができます。
なお、介護休業給付の支給対象となる介護休業は以下の通りです。

(1)負傷、疾病又は身体上もしくは精神上の障害により、2週間以上にわたり常時介護を必要とする状態にある家族を、介護するための休業であること。
(2)被保険者が、その期間の初日及び末日とする日を明らかにして事業主に申し出を行い、これによって被保険者が実際に取得した休業であること。

ご質問内容を拝見する限り、(2)については問題がないかと存じます。
(1)についてですが、まず父親はここで挙げられている「家族」に該当いたします。
そして「2週間以上にわたり常時介護を必要とする状態」とは、厚生労働省の「常時介護を必要とする状態に関する判断基準」をもとに判断いたします。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyoukintou/ryouritsu/otoiawase_jigyousya.html

文字通り「2週間以上」の介護が必ず必要とは限りませんので、2週間経たず職場に復帰することになった場合はもちろん、申告された余命が2週間に満たないような場合でも、当該判断基準を満たしていれば介護休業給付の支給対象となります。
The following two tabs change content below.
SR人事メディア編集部
人事実務の専門家集団「社会保険労務士法人人事部サポートSRグループ」が運営する経営者と人事担当者向けのwebメディア。人事制度、採用、給与計算、社会保険のQ&Aや法改正など旬の人事ニュースを掲載。実務に役立つExcelツールも無料配信中!https://media.o-sr.co.jp/consulting/
SR人事メディア編集部

最新記事 by SR人事メディア編集部 (全て見る)

公開日: 育児介護休業 雇用保険手続き

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
  • 採用情報

    SRのマイナンバー対策 マイナンバー対応実務セット

    ベンチャー企業のためのCloud勤怠管理システム

    介護離職防止サービス あわーず福利厚生課

    お役立ち書式 無料ダウンロード

    無料労務士相談

  • 総合人事コンサルティング事業

    株式会社アウトソーシングSR

    労務・給与計算サポート事業

    社会保険労務士法人 人事部サポートSR

    就活支援事業

    株式会社ベストソーシングSR

    人事・経理・法務アウトソーシング事業

    HALコンサルティング

    社会労務士マーケティング支援

    Bowman & SR Partner Co.,Ltd

    訪問看護事業

    あわーず
PAGE TOP ↑