残業代が翌月払いの場合の給付基礎日額の計算方法

給付基礎日額の計算方法をご教示願います。

 

給与体系は以下の通りです。

(1)基本給は当月末締の当月25日払い

(2)残業代は当月末締の翌月25日払い

 

厚生労働省によると、平均賃金は事由の発生した日の直前の賃金締切日以前の3か月間に支払われた賃金総額を、その期間の歴日数で割るとあります。

7月15日に労災事故が発生した場合、労災事故直前の給与締切日は6月30日となり、その直前3か月間に支給された賃金とは4月25日払、5月25日払、6月25日払分ということでよいでしょうか。それとも5月25日払、6月25日払、7月25日払分となるのでしょうか。

 

基本給と残業代とで支給タイミングが異なるので複雑です。

回答

給付基礎日額(平均賃金)は、ご質問にあるとおり事由の発生した日の前日(賃金締切日がある場合は事由発生日の直前の賃金締切日)から起算して直前3ヶ月間の賃金総額を、その3ヶ月間の暦日数で割って算出します。
今回の場合は、事由発生日の7/15の直前の賃金締切日6/30以前の3ヶ月間(4/1~4/30、5/1~5/31、6/1~6/30)の賃金となりますが、ここでの賃金のカウントは賃金締切日を基準とします。
例えば、6/1~6/30の期間に対応した賃金は、基本給であれば6月末締の6月25日払い分を、残業代は6月末締の7月25日払い分が対応し、この二つを合算した金額となります。
今回のケースでは、以下のとおり賃金を計算します。


事由発生日: 7/15
直前3ヶ月の賃金: 各支給項目の賃金締切日を基準とした金額

         <基本給>   <残業代>

4/1~4/30     4/25払分    5/25払分

5/1~5/31     5/25払分    6/25払分

6/1~6/30     6/25払分    7/25払分


ご質問にはありませんが、各月で欠勤控除や遅刻早退控除が発生している場合も考え方は同じです。例えば5月の欠勤分が6月払い分で控除されている場合、この6月控除分は5/1~5/31の期間の賃金額に反映することになります。
The following two tabs change content below.
SR人事メディア編集部
人事実務の専門家集団「社会保険労務士法人人事部サポートSRグループ」が運営する経営者と人事担当者向けのwebメディア。人事制度、採用、給与計算、社会保険のQ&Aや法改正など旬の人事ニュースを掲載。実務に役立つExcelツールも無料配信中!https://media.o-sr.co.jp/consulting/
SR人事メディア編集部

最新記事 by SR人事メディア編集部 (全て見る)

公開日:

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
  • 採用情報

    SRのマイナンバー対策 マイナンバー対応実務セット

    ベンチャー企業のためのCloud勤怠管理システム

    介護離職防止サービス あわーず福利厚生課

    お役立ち書式 無料ダウンロード

    チャット労務士相談

  • 総合人事コンサルティング事業

    株式会社アウトソーシングSR

    労務・給与計算サポート事業

    社会保険労務士法人 人事部サポートSR

    就活支援事業

    株式会社ベストソーシングSR

    人事・経理・法務アウトソーシング事業

    HALコンサルティング

    社会労務士マーケティング支援

    Bowman & SR Partner Co.,Ltd

    訪問看護事業

    あわーず
PAGE TOP ↑