6月にアルバイトから契約社員に転換した場合の算定基礎届の書き方について

昨年からアルバイトとして雇用していた社員を6/1付けで契約社員に転換しました。社会保険にはアルバイトだったころから現在も引き続き加入しています。アルバイトの際は時給制・月末締め翌月25日支給、契約社員の場合は月給制・月末締め当月25日支給となっています。

そのため、6月はアルバイトの5月勤務分と契約社員の6月勤務分の両方を支給する形となっているのですが、このような場合は算定基礎届の6月の欄はどのように記載すれば良いのでしょうか。

回答

6月時点で契約社員に転換となっていますので、6月の欄は契約社員の6月勤務分を記入することとなります。基礎日数は月給制のため暦日数(欠勤控除がある場合は、給与規定等により定めた日数-欠勤日数)を、賃金額については契約社員の6月勤務分として支給された金額を記載します。

ただし、6月に時給制から月給制に変更になったことは給与体系の変更にあたり、随時改定の契機となります。6月・7月・8月支給の賃金額を平均して現在の標準報酬月額から2等級以上の変動がある場合は9月の随時改定の対象となり、算定基礎届とは別途月額変更届の提出が必要となりますのでご注意下さい。
The following two tabs change content below.
SR人事メディア編集部
人事実務の専門家集団「社会保険労務士法人人事部サポートSRグループ」が運営する経営者と人事担当者向けのwebメディア。人事制度、採用、給与計算、社会保険のQ&Aや法改正など旬の人事ニュースを掲載。実務に役立つExcelツールも無料配信中!https://media.o-sr.co.jp/consulting/
SR人事メディア編集部

最新記事 by SR人事メディア編集部 (全て見る)

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
  • 採用情報

    SRのマイナンバー対策 マイナンバー対応実務セット

    ベンチャー企業のためのCloud勤怠管理システム

    介護離職防止サービス あわーず福利厚生課

    お役立ち書式 無料ダウンロード

    無料労務士相談

  • 総合人事コンサルティング事業

    株式会社アウトソーシングSR

    労務・給与計算サポート事業

    社会保険労務士法人 人事部サポートSR

    就活支援事業

    株式会社ベストソーシングSR

    人事・経理・法務アウトソーシング事業

    HALコンサルティング

    社会労務士マーケティング支援

    Bowman & SR Partner Co.,Ltd

    訪問看護事業

    あわーず
PAGE TOP ↑