退職後の傷病に関する手当について

現在、休職中の社員がおります。
給与については支給がなく、健康保険の傷病手当金の申請手続きを進めているところです。
本人は退職し治療に専念することも考えているようです。
現在の状態で退職となりますと特定理由離職者に当たるとは思うのですが、離職時に病気治療中ですと、すぐにハローワークで求職の申込をすることはできないかと思います。
雇用保険にも傷病手当があるということを聞きましたが、こちらを申請することはできますでしょうか。
また、この社員が健康保険の傷病手当金の受給期間中に退職した場合、雇用保険の傷病手当とは併給できないという話を聞いたのですが、実際に健康保険の傷病手当金の受給終了後に、雇用保険の傷病手当を受給するためにはどうすればよいのでしょうか。

回答

雇用保険の傷病手当とは、受給資格者のうち「求職中の人が」15日以上引き続いて疾病又は負傷のために職業に就くことができない場合に支給されるものです。
そのため、ご認識の通り、雇用保険の傷病手当を引き続いて受給することはできず、一度求職申請を行うことが必要です。

離職後も労務不能状態が続くようであれば、在職時から引き続いて健康保険の傷病手当金を受給されることになるかと存じます。
その状態で求職活動をされるのは難しいかと思いますので、まずはハローワークへ失業給付受給延長の申請をしていただくことになります。
その後、体調が回復し求職申込みをされて、やはり働くことが難しいという状態になりましたら、雇用保険の傷病手当を受給することとなります。
The following two tabs change content below.
SR人事メディア編集部
人事実務の専門家集団「社会保険労務士法人人事部サポートSRグループ」が運営する経営者と人事担当者向けのwebメディア。給与計算、社会保険に関するQ&Aや、法改正など旬の人事ニュースはもちろんのこと、企業人事に役立つマニュアル、Excelツールなども無料配信中!企業人事のお悩み相談はこちらhttps://media.o-sr.co.jp/consulting/
SR人事メディア編集部

最新記事 by SR人事メディア編集部 (全て見る)

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
  • 採用情報

    SRのマイナンバー対策 マイナンバー対応実務セット

    ベンチャー企業のためのCloud勤怠管理システム

    介護離職防止サービス
 あわーず福利厚生課

    お役立ち書式 無料ダウンロード

    無料労務士相談

  • 総合人事コンサルティング事業

    株式会社アウトソーシングSR

    労務・給与計算サポート事業

    社会保険労務士法人 人事部サポートSR

    就活支援事業

    株式会社ベストソーシングSR

    人事・経理・法務アウトソーシング事業

    HALコンサルティング

    社会労務士マーケティング支援

    Bowman & SR Partner Co.,Ltd

    訪問看護事業

    あわーず
PAGE TOP ↑