夜勤終了1時間後に再び勤務する場合、連続勤務として割増賃金が必要か?

弊社は宿泊業を営んでおり、夜勤ありのシフト制となっております。

17:00~翌2:00(うち休憩1時間)に勤務した後に翌日のシフトとして翌3:00~10:00に勤務した場合、翌3:00~10:00については翌日の勤務と考え、17:00~翌2:00後の8時間超過分としての割増賃金を支払わなくても問題ありませんでしょうか。それとも、連続勤務とみなされて割増賃金の支払が必要になりますでしょうか。

尚、勤務地のすぐ近くに住んでいる社員が多く、17:00~翌2:00と翌3:00~10:00の間の1時間は、もちろん自宅に帰って休むことも認めるつもりでおります。

ご教示の程、宜しくお願い致します。

回答

社員の方の安全と健康を確保できなくなる可能性があるためご質問内容のようなシフトはあまりお勧めはできませんが、もしそのような勤務となった場合に連続勤務となるか否かについては睡眠をとるなどして疲労をリセットできるか否かによって判断されます。
今回の場合、17:00~翌2:00の勤務と翌3:00~10:00の間がわずか1時間しかあいていないことから、たとえその間帰宅できるとしても睡眠をとるなどして疲労をリセットできるとは考えにくく連続勤務とみなされる可能性が極めて高いと存じます。従いまして、8時間超過分としての割増賃金を支給して頂く必要がございます。
The following two tabs change content below.
SR人事メディア編集部
人事実務の専門家集団「社会保険労務士法人人事部サポートSRグループ」が運営する経営者と人事担当者向けのwebメディア。給与計算、社会保険に関するQ&Aや、法改正など旬の人事ニュースはもちろんのこと、企業人事に役立つマニュアル、Excelツールなども無料配信中!企業人事のお悩み相談はこちらhttps://media.o-sr.co.jp/consulting/
SR人事メディア編集部

最新記事 by SR人事メディア編集部 (全て見る)

公開日: 勤怠・休憩時間

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
  • 採用情報

    SRのマイナンバー対策 マイナンバー対応実務セット

    ベンチャー企業のためのCloud勤怠管理システム

    介護離職防止サービス
 あわーず福利厚生課

    お役立ち書式 無料ダウンロード

    無料労務士相談

  • 総合人事コンサルティング事業

    株式会社アウトソーシングSR

    労務・給与計算サポート事業

    社会保険労務士法人 人事部サポートSR

    就活支援事業

    株式会社ベストソーシングSR

    人事・経理・法務アウトソーシング事業

    HALコンサルティング

    社会労務士マーケティング支援

    Bowman & SR Partner Co.,Ltd

    訪問看護事業

    あわーず
PAGE TOP ↑