雇用形態別の就業規則作成について

就業規則の作成についてお伺いします。

無期雇用の対策をとるため、3種の就業規則(正社員、パート・アルバイト、嘱託)を分けて作成することを検討しております。

就業規則の適用条文の中で、「この就業規則は正社員に適用し、パートや嘱託には適用しない」と規定した場合には、パート・アルバイト用、嘱託用の就業規則を作成する際には「正社員就業規則を準用する」という文言で対応することはできますでしょうか。

同じ内容の部分があった場合でも「同様である」という記載で済ませるのではなく、独立して作成すべきでしょうか。

回答

「無期雇用対策のために分けたい」とのことですが、今後の運用のしやすさ等を鑑みてのことではないのでしょうか。

「準用する」としたとき、実際に労務問題等が発生した場合、パート就業規則や嘱託就業規則を確認するだけでは完結せず、正社員就業規則を参照しなければならないことになります。その事案が複数の規定に関係しているのであれば、その規定の数だけ正社員就業規則と行ったり来たりを繰り返すことになりますので、煩雑になるかと思います。
また、パート社員・嘱託社員にとっても、1つの規程で完結しないのは分かりにくくないでしょうか。

ついては、「準用する」とはせずに規定すべきと考えます。
The following two tabs change content below.
SR人事メディア編集部
人事実務の専門家集団「社会保険労務士法人人事部サポートSRグループ」が運営する経営者と人事担当者向けのwebメディア。給与計算、社会保険に関するQ&Aや、法改正など旬の人事ニュースはもちろんのこと、企業人事に役立つマニュアル、Excelツールなども無料配信中!企業人事のお悩み相談はこちらhttps://media.o-sr.co.jp/consulting/
SR人事メディア編集部

最新記事 by SR人事メディア編集部 (全て見る)

公開日: 就業規則 採用・雇用

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
  • 採用情報

    SRのマイナンバー対策 マイナンバー対応実務セット

    ベンチャー企業のためのCloud勤怠管理システム

    介護離職防止サービス
 あわーず福利厚生課

    お役立ち書式 無料ダウンロード

    無料労務士相談

  • 総合人事コンサルティング事業

    株式会社アウトソーシングSR

    労務・給与計算サポート事業

    社会保険労務士法人 人事部サポートSR

    就活支援事業

    株式会社ベストソーシングSR

    人事・経理・法務アウトソーシング事業

    HALコンサルティング

    社会労務士マーケティング支援

    Bowman & SR Partner Co.,Ltd

    訪問看護事業

    あわーず
PAGE TOP ↑