フレックスタイム制の際の出勤について

当社ではフレックスタイム制度を導入しており、

 

【フレキシブルタイム】07:00~10:00 15:00~20:00
【コアタイム】    10:00~15:00

 

業務の都合上の兼ね合いでのフレキシブルタイム内での出退勤についても、
前日までに上長に申請し、許可を得なければならず、許可が得られなければ
フレキシブルタイムでも業務に従事しなければなりません。

 

就業規則では「従業員の自主的決定に委ねるものとする。」
と明言されているのですが、申請、許可が必要な段階で
自主決定に委ねられていないと考えているのですが、如何でしょうか。

回答

ご認識のとおり、
フレックスタイム制のもとでは、労働者は始業および終業時刻を自ら決定することができます
(フレキシブルタイムが置かれる場合は、その時間帯の中で決定する必要があります)。

例えば、使用者は、コアタイムの範囲外で開かれる会議への出席、あるいはコアタイム以外の時間帯における就労が予定される出張などを命ずるには、
労働者の個別的同意を得なければなりません

また、労働者にシフト表を作成させる場合も、それはあくまで予定に留まり、上司の承認や許可を条件とすることはできません。

このため、今回の場合には、前日までに上長へ出社時間についての申請(連絡程度)は、担当されている業務についての必要性と鑑み許容範囲と考えますが、
承認となりますと、やはり始業および終業時刻を労働者に委ねているとは言えず、フレックスタイム制が運用出来ているとは言えません。
The following two tabs change content below.
SR人事メディア編集部
人事実務の専門家集団「社会保険労務士法人人事部サポートSRグループ」が運営する経営者と人事担当者向けのwebメディア。給与計算、社会保険に関するQ&Aや、法改正など旬の人事ニュースはもちろんのこと、企業人事に役立つマニュアル、Excelツールなども無料配信中!企業人事のお悩み相談はこちらhttps://media.o-sr.co.jp/consulting/
SR人事メディア編集部

最新記事 by SR人事メディア編集部 (全て見る)

公開日:

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
  • 採用情報

    SRのマイナンバー対策 マイナンバー対応実務セット

    ベンチャー企業のためのCloud勤怠管理システム

    介護離職防止サービス
 あわーず福利厚生課

    お役立ち書式 無料ダウンロード

    無料労務士相談

  • 総合人事コンサルティング事業

    株式会社アウトソーシングSR

    労務・給与計算サポート事業

    社会保険労務士法人 人事部サポートSR

    就活支援事業

    株式会社ベストソーシングSR

    人事・経理・法務アウトソーシング事業

    HALコンサルティング

    社会労務士マーケティング支援

    Bowman & SR Partner Co.,Ltd

    訪問看護事業

    あわーず
PAGE TOP ↑