傷病手当金を受給できる条件とは?

e05c27963fc86fb37f816db48dc20d52_s

下記2点について質問させてください。
1)休職後一度復職した社員が再度体調を崩して休んだ場合、傷病手当金は受給できるのでしょうか。
2)退職後も傷病手当金は受給できるのでしょうか。

回答

1)支給期間が残っていれば、傷病手当金を再度申請することは可能です。
同傷病であれば、期間は通算され、待機期間も不要となります。
ただし、同傷病か否かは健保組合で判断されます。
※別傷病と判断された場合は、通常と同様の手続きとなり、待機期間も必要となります。

2)退職後の傷病手当金
■支給要件
 ・資格を喪失する日の前日までに継続して1年以上被保険者期間があること。
 ・傷病手当金を受けているか、受けられる条件を満たしていること。
 ・退職日に就労していないこと。
 ・在職中の傷病で引き続き労務が不能であること。
⇒上記要件を満たせば、任意継続被保険者とならなくとも「資格喪失後の傷病手当金」として受給が可能です。また、異なる健保であっても(国民健康保険に加入する場合であっても)現在の健保組合から支給がされます。
■手続き
 ・「傷病手当金支給申請書」を自身で提出(事業主印は不要)。
■注意
 ・雇用保険の失業給付を受けると”就労可能”と判断されるので支給がされません。
 ※健保によっては、その状況確認のため、申請の都度、離職票の原本を提出する必要があります。
 (確認後は返却されます)

同カテゴリの記事はこちら!
私傷病(適応障害)により、休職中の社員
スライド1
The following two tabs change content below.
SR人事メディア編集部
人事実務の専門家集団「社会保険労務士法人人事部サポートSRグループ」が運営する経営者と人事担当者向けのwebメディア。給与計算、社会保険に関するQ&Aや、法改正など旬の人事ニュースはもちろんのこと、企業人事に役立つマニュアル、Excelツールなども無料配信中!企業人事のお悩み相談はこちらhttps://media.o-sr.co.jp/consulting/

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
PAGE TOP ↑